Hさんオススメ漫画・まとめ

comic_1.jpg①進撃の巨人 (過去ログ) 
最初に彼女に紹介されたのはアニメだったが、先が気になってしょうがないので原作の漫画にも手を出す。いやハッキリ言って絵が超ヘタクソ。パースは狂ってるし何より登場人物の顔が誰が誰だか判別出来ん・・・。何かで読んだんだが原作の諫山創先生が(アニメの作画のクオリティが半端ないなので)「私の漫画はアニメの三流のコミカライズです」って言ったとか。(^^;) でも読みますけどね。漫画でストーリーを把握してアニメで2度楽しむ。最高かよ。

世界観の緻密さ。伏線張りまくってそれをキッチリ回収する手腕。「ええーっ!」てなるストーリーの膨らませ方。見事である。

現在25巻まで刊行。連載継続中。


comic_2.jpg②約束のネバーランド
こちらも世界観とストーリー展開が素晴らしい。特に前半の心理戦・読み合い・騙し合いはかなり引き込まれる。第二部に入ってちょっとテンション落ちるかな? と思ってたけどとんでもない! 更に盛り上がってるし。(≧▽≦) 最新刊で世界の真相がかなり明らかになっちゃって「そこまでバラしていいの?」って心配してしまう位だが、今まで読んできた印象ではきっとあっ!と驚く展開を見せてくれるに違いない。

進撃と並べて遜色ない名作。ちなみに2019年1月からアニメ化決定。当然の結果だろう! ひょっとしたら実写化もくるか? でもあの無国籍なキャラを日本人でキャスティングのは難題かも・・・。

現在9巻まで刊行。連載継続中。


comic_3.jpg③サイコパス
こちらはアニメ。制作はProduction I.Gなんだから本来自分が先に見つけてこっちからプレゼンすべきコンテンツなんだが。お恥ずかしい・・・。

世界観は攻殻機動隊~STAND ALONE COMPLEXにかなりそっくり。総じて良く出来ているが細かく言うと第一期の後半のストーリーがメチャクチャ面白い! でも第二期はちょっとテンション落ちるかなぁ。常守朱ちゃんが一人孤軍奮闘している感じで群像劇としての面白みが削がれているのと、新メンバーが皆どうにも影が薄いのと、敵がかなり小物っぽいのがいけないのではないだろうか。(^^;) 劇場版はまあまあ。

第1期:全22話、第2期:全11話、劇場版:113分。

今後劇場版三部作が作られるらしい。第一部が霜月と宜野座編、第二部が須郷と征陸編、第三部が狡噛編になるらしい。まさか征陸の名前があるとは!!!


comic_4.jpg④東京喰種
Hさんは何故こんなに人が食われる話が好きなのか。(笑) こちらは寄生獣という名作マンガに非常にプロットが似ている。勿論オリジナリティもあって前半主人公が食物に対する嫌悪・苦悩・葛藤の描写がいい。

第2部「:re」に入ってからが更に良く、あさっての方向から話が始まり「おっ! そう繋げるか!」という話の運び(コードギアスを思い出してしまった、と言ったらネタバレになるか) 後半のこの世界の真相には驚かされたし、ラストも含蓄のある終わり方で実に素晴らしい。

強いて苦言を呈するなら第1部後半辺りから超人バトルマンガみたいになっちゃったところかな。2ページぶち抜きで「ズバーーーッ!!!」みたいな見せ方は正直嫌い。(^^;)

第1部:全14巻 第2部:全16巻 他外伝2作。完結。

------------------------------
という訳で上記4つのマンガ(アニメ) どれも実に面白い作品でした。Hさんだけでなく私の名においても超オススメです!!!

P.S.
⑤鋼の錬金術師 ⑥封神演義 まだ見てません・・・m(_ _)m

Twitterでつぶやき損なったネタ・まとめ~ラーメン編

「これは来週のつぶやきネタとしてとっておこう」とか思ってそのまま忘れてたり、タイミングを逸したりした案件が結構あります。連続して投下してもいいのですが最近ブログが全然更新出来てないのでこちらでやります。

----------
笹塚「夏樹」が閉店して「日勝軒」という店に変わってた。醤油ラーメンを食してみるに看板変えただけ?という気がするんだけどどうなんだろう・・・。嬉しいのは半チャーハンが選べる事だ。ラーメンとチャーハンって最高の組み合わせですよねぇ。(^^;)
rarmen_1.jpgrarmen_2.jpg

----------
入院している父の見舞いに往復2時間かけて高尾まで。ええ、転んでもタダでは起きません。帰りにすかさず妹が教えてくれたラーメン屋へ。(笑) 高尾「びんびん亭」 いわゆる八王子ラーメン。麺のコシがなかなか良かった。
rarmen_3.jpgrarmen_4.jpg

----------
笹塚「らぁめん花月」限定メニュー『ぐらんキャニオン』 こういうネタっぽい限定はスルーする事が多いんだけど、これはかなり美味かった。背脂たっぷりの醤油スープ、極太麺、もやし山盛り。いわゆる二郎インスパイヤ系。個人的には一味はいらんかったなぁ・・・。
rarmen_6.jpgrarmen_5.jpg


----------
下北沢・新店探訪。「麺と未来」 写真をよく見て欲しいんだけど、きしめんよりぶっとい超超極太麺がすごい。こんなん見た事ないゾ。後から出てきたんで写真撮り忘れたけど「炙り肉飯」がクソうまい。(≧▽≦)
rarmen_7.jpgrarmen_8.jpg

----------
幡ヶ谷「武蔵屋」 以前入った時は正直いい印象を持たなかったんだけど、職場の同僚が盛プッシュするんで再訪。ん? 味変わったか? スープのコクが素晴らしい。横浜家系でうす味のスープは俺は認めんからな。(^^;)
rarmen_10.jpgrarmen_9.jpg

過去の遺産の復刻

※仰々しいタイトルだけど、昔のホームページのコンテンツを当ブログで再掲します、ということ。

当ブログの前進であるMixi日記を始めたのが2008年4月。だが実はその前に自分のホームページというものを持っていた。2002年の事だ。私が初めてパソコンというものを購入したのが確か1999年。当時は自分のホームページを作ろうみたいな流行があって、買ってみたPCで何が出来る?みたいな事を模索していた私はそれに飛びついたのであった。そのHPは当時のプロバイダを解約してしまったのでもうネット上には残っていない。(Internet Archiveにも完全なデータは残ってなかった)だがローカルにバックアップは取って置いてある。(≧▽≦)

主なコンテンツはポストペット(+ポケットポストペット)・ガンプラ・鉄道模型であった。せっかくなんでスクショを晒そう。
hp_top_1.pnghp_top_2.png
hp_top_3.pnghp_top_4.png
ページによってイメージカラーを変えたり、クリッカブルマップやらフレームやら使ったりと今見てもアイデア的には悪くないと思うのだが、如何せんHTMLのテクがなく顔から火が出る位のgdgdな出来上がり。(題名が改行されてるなんて完全に終わってると思うが敢えて修正せずにそのままキャプチャした) 画像も随分とまあ汚い。(当時は確か30万画素のトイ・デジカメを使っていた) おまけに題名は「○○'S HomePage」モザイクかけてあるけど○○は私の本名ね。「○○'S HomePage」ってああ恥ずかしい・・・(^^;)

今のご時世にポストペットはないと思うので、ガンプラ・鉄道模型を復刻対象とする。そしてここは随分悩んだんだけど、新記事(今の時間軸)として載せるのではなくて過去の(当時の)時間で記事を載せようと思う。全ファイルのプロパティとか見て調べたんだけど、年と月はほぼ合ってると思うが日の特定まではチト無理だったのでそこは適当。ただそうすると記事に辿り着くのがちょっと面倒になるので、この後リンクを貼っていく。1ヶ月で終わるか半年経っても終わらないか分からないけど、もし興味があったらまたこの記事を見に来てくださいまし。m(_ _)m

※第一次鉄道模型レイアウトの記事だが、「鉄道模型趣味」という雑誌があってそれに自分のレイアウトが掲載されたら、という脳内妄想の元に書いているので、普段の私と口調がえらい違います。(^^ゞ

※5/15追記 「1ヶ月で終わるか半年経っても終わらないか分からないけど」なんて言い訳がましく書きましたけど、2週間で作業完了しました!  (≧▽≦) 画像の修正試みましたけど返って汚くなるばかりなので殆ど当時のままです。文章は鉄道模型は補足入れた程度でほぼ原文ママ、ガンプラは結構加筆しました・・・。
--------------------

・第一次鉄道模型レイアウト製作記・1 はじめに
・第一次鉄道模型レイアウト製作記・2 プラン
・第一次鉄道模型レイアウト製作記・3 台枠・線路
・第一次鉄道模型レイアウト製作記・4 シーナリィ
・第一次鉄道模型レイアウト製作記・5 ストラクチャー
・第一次鉄道模型レイアウト製作記・6 車両
・第一次鉄道模型レイアウト製作記・7 終わりに

・オリジナル・ガンプラ その1 ウイングガンダム
・オリジナル・ガンプラ その2 ガンダムデスサイズ
・オリジナル・ガンプラ その3 ガンダムヘビーアームス
・オリジナル・ガンプラ その4 ガンダムサンドロック
・オリジナル・ガンプラ その5 ガンダムナタク
・オリジナル・ガンプラ その6 ゼク・アイン

スマホをIPhoneに買い替えました(お前アンチじゃなかったのかよ?!)〜その2

iphone6s_plus_1.jpgiphone6s_plus_2.jpg
Iphoneに買い換える事は決めたけど肝心なのは価格である。Iphoneって高っけぇからな・・・。今までのミドルスペックのandroid2台が2.7万円、Mate9の5.5万円までは出す気にはなった。IPhoneのSIMフリーが、
・6s 50,800円 Plus 61,800円 
・7  61,800円 Plus 74,800円
・8  78,800円 Plus 89,800円
・X  112,800円
6sなら買えますな・・・。ふと中古ならどうだろうと思い調べてみる。最低価格なんでプラス5,000~10,000円がボリュームゾーンという感じだ。
・6s 28,800円 Plus 35,000円 
・7  50,600円 Plus 60,100円
・8  72,800円 Plus 91,800円
・X  118,000円
6sPlusと7が射程内に・・・。あともう一つリストを。自分は格安simはIIJ(D)を使っているのでSIMフリーでなくてもSIMロック解除されてないDocomoのIPhoneも使える。(もちろんSIMロック解除されていればAu版・SoftBank版も使える)(格安simとSIMロック解除されてないキャリア購入のIPhoneの関係についてはこちらを。 『iPhoneで格安SIMを使う方法を解説! ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneが安く使える』)
・6s 17,000円 Plus 30,800円 
・7  31,800円 Plus 48,000円
・8  65,800円 Plus 72,900円
・X  92,800円
おおっ! 7Plusが買えるぞ。という訳で6sPlusと7と7Plusをが候補になった。うーん、7の扱いをどうするか・・・。画面が小さくなるのは嫌なのでPlusを選びたいんだがグラブルの事考えるとスペックは少しでも高い方がいい。優先順位は7Plus > 7 > 6sPlusとして探していこうと思う。

--------------------

中古のIPhoneでいく事に決めたのでこちらのリンクを。『中古iPhoneのおすすめ購入方法と知っておきたい注意点』 
これ読んでると中古買うのは敷居高いなーって萎えてしまうが、要約すると注意点は以下の5つになる。自分は通販やネットオークションでなく実店舗で買うつもりなのでこうなる。
・白ロムかどうか ←赤ロム返品保証のある店で買います
・アクティベーションロックがかかっていないか ←大手ショップならまず心配なし
・SIMロック解除されているか ←気にしません(海外に行く事はまずないので)
・バッテリーの状態 ←気にしません(製造年数調べてもどれ位の頻度で使われていたかで全然違うと思うので)
・端末保証 ←気にしません(保証ついてたらラッキー位の気持ちで)
こう考えれば結構気が楽だ・・・(^^;)

さて実店舗と言えば秋葉原である。本日行ってきた。先の赤ロム返品保証のある店~イオシス・ソフマップ・ドスパラ・じゃんぱらの各店を見て回る。う〜ん・・・6s以下のモデルは一杯在庫があるんだが7と7Plusは全然数がないな。おまけに高い。(共に6万円以上)見通しが甘かった。現在最新機種が8ということは2年縛りで6sは大量に出回るけど7を出す理由が少ないよな。誠に遺憾だが6s Plusでいきます。(>_<)
結局Docomo版の6s Plusを39,800円で購入。予定よりは安くはついたけどな・・・。
--------------------

あとボディカラーについて。過去T-01AとXperiaArcはシルバーだったのだがその後の4機種は全て黒。だいたいは白と黒と原色系しかカラーバリエーションがなかったのである。IPhone6sは私の好きなシルバーがあるが正面のベゼルが白。自分的にちょっと違うのでスペースグレイを選択。これもシルバーっちゃシルバーだ。この点は満足である。

最後にビックカメラのBicSimのカウンターに行ってMicroSimをNanoSimに変更。よーし、格安simは23GBに拡張してるからアプリのインストールの為にWiFi付きの喫茶店に篭もる必要はないだろう。それよりIPhoneは初めてなのでいろいろと作法に慣れていかねばならん・・・(^^;)

スマホをIPhoneに買い替えました(お前アンチじゃなかったのかよ?!)〜その1

my_smaho.png
まずは今まで購入してきたスマホの遍歴をまとめてみた。

購入日使用期間買い替え理由
T-01A2009 11/141年10ヶ月Windows MobileからAndroidに移行したい
Xperia Arc2011 9/71年10ヶ月テザリング料金が高いので4Gに移行したい
Xperia-A2013 7/137ヶ月故障
Optimus It2014 2/271年2ヶ月Root化失敗
ZenFone52015 4/157ヶ月故障
ZenFone2 Laser2015 11/128ヶ月水没
ZenFone5(修理品)2016 7/161年5ヶ月

ここ数年は故障・水没・文鎮化というトラブルで半年程しか使えなかった端末ばかりでゲンナリする。今使用しているZenFone5(修理品)もSDカードが勝手にアンマウントされたり電波を受信しなくなったりとずっと調子が悪いのだが、通算2年は絶対使い倒してやる、という固い決意の元(笑)再起動したりしながら騙し騙し使ってきた。でもやっとその2年が過ぎた。買い替えよう!!!

MATE9.png直近の4機種は故障や壊したという理由ゆえ「出来るだけ安く」とか「今までと同等のスペックでいいや」という消極的な機種選択を続けてきた訳なんだが今回は明確にスペックアップを指向する。で選んだのがHuaweiのMATE9。過去「Huaweiって・・・」とか言ってたのを撤回しますm(_ _)m ここまで大メーカーになるとはねぇ。現在最新のMATE10が出ているのだがProは高すぎ、LiteよりMATE9の方がパフォーマンスが高いという事なので型落ちではあるが敢えてこちらを選択。 参考:「HUAWEI通信」

ZenFone5MATE9
OSAndroid4.4Android7.0
CPUSnapdragon400Kirin960
4コア8コア
1.2GHz2.4+1.8GHz
RAM2GB4GB
ROM16GB64GB
ディスプレイ5.0inch5.9inch
1280×7201920×1080
バッテリー2110mAh4000mAh
価格26,800円54,800円

MATE9は今使っているZenFone5の倍のスペックだ。(お値段も倍だが)

--------------------

と年末の時点でここまで下書きが出来上がっていてあとは買いに行くだけの状態になっていたのだが、急転直下IPhoneにすることにしました。理由は『クラブル』というゲーム。(そこかい!) 端末の性能だけでなく通信速度も関係するんだが現状とにかく遅い。普段は軽量版(画質が荒くなり演出も簡略化される)でプレイしているのだが通常版にするとイラッとする程動作が鈍くなる。これを改善したいのだ。

グラブルというゲームは動作の快適さは
====================
デスクトップPC > IPhone > ノートPC >>>>> android
====================
といわれている。PCが快適なのは理解出来るがIPhoneの評価が高いのは色々な機種があるAndroidより製品数が絞られたIPhoneの方がチューニングしやすいから、そして内部のプログラム処理的にもandroidよりIPhoneの方が有利だかららしい。android使いなんて最悪なんである・・・。でもハイスペック端末になれば相当キビキビ動くだろうと考えていたのだけれど、いろいろ情報を集めているうちに不安を覚えるようになってきた。android端末で最もポピュラーなCPUはsnapdragonだが前述のMATE9はkirinという独自cpuを使っている。アプリのチューニングが更に合わなくて遅くなる可能性があるみたいなのだ。MATE9一瞬にして株下がる、というか大暴落・・・( ̄▽ ̄)

自分はiOSより自由度の高いandroidの方がが好きだ。それに猫も杓子もIPhoneな現状に反感覚えるし。(←皆と同じものを持っていると安心するという人は多いみたいだが俺はイヤだね) 自分の価値観・美意識とグラブル、どっちを取るか? グラブル取ります!(アッサリ)(男の信念って何だろう・・・)

※ちなみIPhoneなら何でもいいとはいかなくて、ネットの書き込みを見るに「6以上ならOK」「6は遅いが6sは体感的に差が出る」「7はサクサク」なんて書いてある。6sがギリ最低限の選択だろう。

前置きが長くてすまんな。(^^;) 一旦続く・・・。
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:50代独身。マッサージ屋を開業しています。誰に指図命令されるでもなく気楽にやってますが金はないです。(^^;)

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォン。

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png