2017衆議院選挙

2017-10-12 11-30-00いや~ここしばらくの間、政局が面白かったですね~。
民進党が希望の党への合流→実質的な解党を決めた時には「何たる奇策! 三国志かよ! 諸葛亮孔明かよ! あの弱小集団が本気で国を盗りにきやがった!」と度肝を抜かれたものだった。自民党の支持率が落ちているのに民進党の支持率は上がらない。蓮舫氏の二重国籍問題とか山尾議員の離党問題とか、あ~あと思う事案が続いている中で代表選は前原氏に決定。(個人的には枝野氏押し) こいつが共産党との連携解消したらもう民進党は見限るつもりでいたところだ。(自民党一強の情勢で野党が団結しないでどうすんだよ!) ところがその斜め上をいくどんでん返し! 会見での「我々は安倍政権をストップさせる。そのため一対一の構図にもちこむ」 「名を捨てて実を取る」という前原代表の言葉を信じた。(その時は)

小池都知事がタカ派(極右)である事は認識していたけど、小泉元首相と結託して反原発を謳い出すし、果ては都知事職投げ出して国政進出か? 初の女性総理誕生か? なんて噂を聞くにつけ「おお、いいぞいいぞ! ハッキリ言って総理なんて安倍晋三以外なら誰だっていいんだよ!(爆)」とまで思ってしまったのは事実であります。m(_ _)m もちろん自分もリベラル寄りな第二党で二大政党制になるのが望ましいと思っているけど、今の自民一強を打破する為なら保守×保守の二大政党制になっても致し方ないと考えた次第。
ちょっと話ずれるけど、以前この記事を元にブログ書こうと思ってそのままになっていたのをリンク貼っておく。今の話に必要なとこだけ要約すると、
・安倍政権はムチャクチャやってるように見えるが、小選挙区制という制度に極めて理論的に適応している
・この現状を打破するには二大政党制を機能させるしかない(自民に対抗できる野党勢力が必要)
ということを言っている。
『システムをハックする首相』

------------------
その後のグタグタっぷりは皆さんご承知の通り。民進党に関しては失望したとか頭にきたとか言うより「さすが民進党クオリティwww」とか言ってゲラゲラ笑ってた、って感じである。いや笑うしかないだろ!(^^;) 小池氏に関してはもっと流れを読んでうまく(こざかしく)立ち回ると思っていたので何であんな不用意に本性さらけ出してしまったのかねぇ、というガッカリ感はあるかな。だいたい小池氏が出馬(首相指名候補になる)しなければ勢いとして弱いし、脱原発ってのもウソっぱちだったし。(「原子力規制委員会が判断した再稼働に異論を唱えるつもりはない」って何だそりゃ?)
その中でも立憲民主党が立ち上がったのがせめてもの、本当にせめてもの救いであった。枝野氏の演説のリンク貼るんでぜひ読んでくれ。個人的には助け合い・支え合いというフレーズがチトしつこい気がするが言っている事には100%賛同する。
『立憲民主党 枝野幸男氏 演説全文(10月3日)』
しかしこれがリベラルの言うことかね。俺には中道の保守としか思えないんだけど。彼をリベラルと言うなら俺もリベラルだサヨクだと呼ばれて構わないよ。

10年前は私は右翼ですと公言し、(世の中が左翼寄りなんで敢えて自嘲的に言ってたんだが)今は左翼ですと言う。(世の中が右傾化しているからねぇ) 俺も多少は変わったかも知れんけど、世の中の方が180度反転してしまったって感じるなぁ。(--;)

------------------
さて、直近の支持率見ると、希望の党は予想をはるかに上回る勢いで低下、自公で過半数を越える勢いと。ダメじゃん・・・。
じゃあ今回の選挙でどう振る舞うべきか、というとまぁ以前から言ってきた事と一緒でいくしかないね。
①今の生活に、今の世の中に満足している人は別に選挙行かなくていいです。
②今の生活に、今の世の中に不満がある人は選挙に行って与党以外の党に投票するべきである。
③投票先は立憲民主・社民・共産のどれかである。

①過去ログ読んで欲しいがアベノミクスは大企業と富裕層10%の懐を暖めただけで中間層は没落している。だから投票率は90%にならなければおかしいのだが現状は投票率50%程度。情けない・・・。要するに皆選挙に行けよ、というのを逆の言い方してるだけって事に気付いてくれたかね? しかし日本人って自己責任論が強過ぎるんじゃないか。貴方の生活が苦しいのは貴方だけのせいとは限らない。

②「そうは言っても結局自民党しかないから」とか「共産党は嫌いなんで」とかいう人は私の回りにも結構いるんだけどそうじゃないんだって! 今の安倍政権を暴走させているのは先に述べたように政権交代出来る野党がいないからな訳で、ここで自民党一強を正しておかないと本当に日本はヤバい。実際問題、自民が与党の状態が続いてもいいんである。でも安倍政権には思いっきり釘を刺さなきゃ。

③これは希望の党にどう向き合うかということなんだけど、どうもスルーしておいた方が安全という気がしてならない。もっと鮮明に自民との対決姿勢を見せてくれればいいんだけど、選挙後自民と連携するんじゃないかって匂いがプンプン。もう一度言うが二大政党制にもっていくのが最終目的。第二自民党・第三自民党を応援する事に意味はない。(キッパリ)
あと以前共産党の事を「万年野党で与党に文句言っていたいだけ」と批判したけど訂正します。現在は選挙協力ちゃんとやってくれてるので。

以上、自分の考えに賛同してくれなくても全然構わないけど、「今のままではマジでヤバい。変えなきゃ。その為には自分が動かなきゃ」という認識を持ってくれたとしたら実に幸いであります。m(_ _)m

涼宮ハルヒの憂鬱

今更の話題なんですが、再放送で第1期、第2期、そして劇場版、全て見終えたので記念にエントリー。

「オレは美少女アニメなんて観ねーよ!」なんてかっこつけてスルーしていたのが恥ずかしい。(それがかっこいいのかどうかは疑問だが(^^;) 実に面白いアニメでした。何が面白いかって言うと演出の斬新さ、実験性かなぁ?

※以下ネタバレあり

haruhi_1.jpg・朝比奈ミクルの冒険
第1期全13話は時系列をシャッフルした変則的な放映、第2期全28話は時系列に忠実に第1期の13話プラス新作15話を加えた構成となっている。偶然だが第1期の再放送から見始めたのは幸いだった。その第1話が「朝比奈ミクルの冒険」である。

普通は物語というのは舞台や登場人物の説明から入るものだが、この話はそんなものは全くなく、未来から来た戦うウェイトレス・ミクルが悪の宇宙人と戦うという学生の自主製作映画みたいなストーリー。そもそもミクルって誰よ? 主人公は涼宮ハルヒっていうのじゃないの? 頭に「???」いっぱいのまま見進めると、主人公達が撮影した本当の自主制作映画ということが分かってきて、最後に「完成よ!!!」って叫んで涼宮ハルヒが初登場する、って流れである。う~ん、実に斬新である・・・。

ストーリーも設定も(高校生の制作した映画らしく)もうめちゃくちゃだが、ナレーション役のキョンが的確なツッコミを入れる事で何となくまとまっている感じがうまい。あとモブのオジサン達のセリフが棒読み過ぎるのが結構笑える。(^^;)

haruhi_2.jpg・エンドレスエイト
第2期第12~19話。夏休み最後の2週間を延々とループしている(8月31日になると2週間前に時間が巻き戻る)という「うる星やつら~ビューティフル・ドリーマー」じゃん!という何とも素敵なお話だが、これを何と8回放映するというとんでもなく実験的な作品。第1話はループに気付かず、第2話~第7話はループに気付くんだけど脱出出来ず、第8話でめでたくループを打ち破るという流れだが、8話共殆ど話の内容は一緒である。(絵は毎回変わってるし、アフレコも録り直しているので手抜きではない)

これ自分は8回続くって分かってるからいいけど、本放送の時は阿鼻叫喚の地獄絵図だった事は想像に難くない。実際相当ファンが離れたって話だし、DVDの売上も激減したそうだ。いや自分は断然支持しますぞ~!!!

第13話~第18話は脱出の為にいろいろトライして失敗、を繰り返すのかと思ったけど何もないというのがビックリだった。あと脱出の為のヒントが提示されるのかと毎回目を皿の様にして見てたけどそれもなし。何話だったか飛行機の絵が繰り返し描かれるのは何だったんだろうか・・・。

haruhi_3.jpg・涼宮ハルヒの消失
劇場版。こちらは演出がどうのというより元のストーリーが面白すぎる!!! ある朝キョンが学校へ行くと涼宮ハルヒの席がない。それどころか仲間達の誰一人ハルヒの事を知らないという。歴史が改変されたと悟ったキョンはそれまでの日常を取り戻すべく奔走する~要するにタイムトラベルものである。私タイムトラベルもの大好物です。(^^;)

ただ映画として出来はいいものの、ニヒルで冷めたキャラのキョンが熱く語っていたり街を走り回ってる姿は何か違和感あったなぁ。おまけにBGMも普段と変わってて「ジブリかよ!」って思った瞬間もありました。いえ文句ではないです。いい映画です。

もう一つ言うならこの劇場版単体で見てもちんぷんかんぷんであろうという事。TVシリーズからの沢山の伏線が散りばめられているからだ。自分が気付いただけでも
 第1~6話  涼宮ハルヒの憂鬱 I~Ⅵ
 第8話    笹の葉ラプソディ
 第13~18話 エンドレスエイト II~Ⅶ の内一つ
 第20~24話 涼宮ハルヒの溜息 I~Ⅴ
(以上話数は第2期表示)は観ておかなければならないと思う。だったら全部観ちゃえよ、って話だな・・・。

と大きく3つに絞ってみたけどあともう一つだけ!
第1期第12話にして第2期第26話の「ライブアライブ」 ハルヒと長門ユキが学園祭バンドに飛び入り参加するという話なんだが、その演奏シーンの作画がレベル高過ぎて鳥肌立つ。ドラムもベースもリズムどんピシャで、ギターの指使いのタイミングもばっちりなのだ。昔楽器をちょっとだけかじっていて、且つ長年アニメを見続けている俺には分かる。この映像はすごい。観る価値アリ!!!

ブログのレスポンシブ対応の続き、そしてTwitterやFaceBookのこと

brog_1.png・画像のレスポンシブ化は記事1つ1つを修正しなければならなくて、過去記事は300近くあるので、まあ1年はかかるだろうと思っていた。けど前回の記事投下から黙々と頑張ってしまい1ヶ月半で終了!!! 左写真のようにスマホだとレイアウトが崩れていたのがPCと同じように表示されるようになった。
昔の記事は画像のサイズが適当でこんな感じで凸凹になってしまうし解像度も低いのだが、画像をリサイズしてupし直すのはに流石に無理だ。これでもう良しとする・・・。

brog_2.png・ポップアップ・スライダーっていうのはこんな感じの奴ね。写真を大量に上げている記事の閲覧性が格段に増したと思う。ついでにYouTubeの埋め込みリンクもレスポンシブ対応し終わってます。リンク切れの修正までは出来てないスマン・・・m(_ _)m

brog_3.png・ページャーをページネーションに。ページャーっていうのは「前のページ」「次のページ」ってやつでページネーションは「1.2.3」ってやつね。これ昔からやりたかったんだ。例えば鉄道模型のカテゴリを開くと「○○○~その11」なんてタイトルがある訳で、じゃあその1から見てみるかって思うでしょ?思わない?あっそう(笑) これまでは次のページボタンを連打するしかなかった訳で実に不親切なナビゲーションだと思うのだ。

BootStrapにその機能があるので書き換えてみたところブログ変数の入れ方が全く分からなくてあえなく撃沈。でも解決策はあさっての方からやってきた。共有プラグインに「軽量ページネーション」というのがあったのだ。ただ最初作者のHPを先に見つけてコードをコピペしてみても動かず。先のプラグインを追加してみたら見事動いた、という次第である。



これで私のブログに関してはもう完璧です。ノアのジュニアは最強です。


brog_4.pngさてブログとは別にmixiやTwitterやFaceBookもやってるのだが、基本はブログとTwitterでブログの更新通知とTwitterのつぶやきを各SNSに転送するという感じでやっている。それぞれに別の知り合いがいるもんでね。
で最近Twitterのつぶやきで写真を2枚3枚と添付するようになったのだが(その方が華やかだと思って)左写真のようにFaceBookでは1枚しか表示されない。(クリックすれば見れるけど) FaceBookの友人に悪いなぁ、でも同じ事2回やるなんてイヤだなぁ、と思っていたのだが解決策発見。Bufferというwebサービス(アプリもアリ)でTwitterとFaceBookに同時投稿するのだ。

でも最初のウチはうまく投稿出来なくて悩んでいたが(その間はTwitterとFaceBookに別々に書き込み(>_<) どうやらBufferにメールアドレスを登録した方がいいということと(TwitterやFaceBookのアカウントでログイン出来てしまう)画像の添付からBufferにUPされるまでタイムラグがあるので少し待って確認するといい、というところらしい。

ということでネット環境がいろいろグレードアップした、というお話でした。まぁ書き込んでる内容の方は大した事ないんだけどね。(^^;)

当ブログをレスポンシブ対応にしました

responsive_1.png私の使っているFC2ブログはPC版・スマホ版・携帯版で別々のテンプレートを設定するスタイルなのだが、2ヶ月位前にレスポンシブデザインに対応している事を知った。これは早々に移行しなければ、と行動を起こし始め今日に至る。
  ※レスポンシブデザイン~PC・タブレット・スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズを表示の判断基準にし、ページのレイアウトやデザインを変化させるデザイン。

移行の一番の理由はスマホ版の広告である。PC版はサイトの一番下にテキストの広告が入るだけという非常に慎ましいものなんだが(一ヶ月以上更新してないとでっかい広告が入ってしまうが)スマホ版は左の写真の通り。真ん中当たりの赤い矢印から下が広告。広告あり過ぎっしょ。(これでも外していい広告は取り除いたり、デフォルトで上の方にあるのを下に移したりしている)昔から気にはなってはいたんである。
二番目にスマホのテンプレートはサムネイルとタイトル等しか表示されていないので、記事を読むには一回クリックしなければならないというのも不親切なインターフェイスだなぁというのがある。(スマホのテンプレートって大抵こうだけど。)

※スマホ版のスクリーンショットが異様に長いもんで、本文ここでうーんと空白があきます・・・m(_ _)m



















あと半分(苦笑)
















さてテンプレートを検索して吟味して「black-navbar 作者:tmin [mypace75]さん 」というのを追加してみる。今のサイトデザインが気に入ってるので出来る限りそれに近づける作業をする。
responsive_2.pngresponsive_3.png左がオリジナル、右が修正後。内部のコードを利用させて貰ってるだけで見ての通り全然別物。こうやってテンプレートをかなり自由に作り込めるのがFC2ブログ最大の魅力である♪ ここまでは大して時間はかかってないのだが、ナビゲーション・バーの表示がなかなか上手くいかずこの後ネット検索とトライ&エラーを繰り返す事となる・・・。

尚このテンプレートはBootStrapを使用している。随分色々な機能があるのだが自分が主に使ったのは以下の通り。
  ※BootStrap~CSSフレームワークと呼ばれるもので、一般的によく使われるナビゲーションバー・ボタン・フォームなどが既に用意されている。cssやjsなどのファイルがセットになっている。
①レスポンシブデザイン
PC表示だとメニュー(カテゴリ・月別アーカイブ等)と本文の2カラム・レイアウトだが、スマホ表示だと1カラムに変わり、本文の下にメニューが配置される。
②ナビゲーション・バー
PC表示だと画面上にカテゴリ・月別アーカイブといったバーが入る。左サイドバーに表示しているメニューと一緒なのでいらないと言えばいらないんだが。(プロフィールだけは設置出来ずにいる)そしてスマホ表示だとナビの形が変わり右のボタンを押すとするするっと下にメニューが伸びるようになる。今までのスマホのテンプレートで配置されていたのとほぼ一緒。
③画像や表のレンポンシブ対応。取り敢えず直近5件の記事だけ直しておいた。スマホで表示した時に画像が縮小されてPC表示と同様のレイアウトになる。
④ポップアップ・スライダー。今は画像をクリックすると別のタブが開いて大きい画像を表示するという方式なんだが、本文の画像クリックで別ウィンドウ(モーダル・ウィンドウ)が現れて且つ矢印ボタンで次の画像を見れる。(スライダー)こちらはBootStrapだけでは表現出来ず別途「Bootstrap Lightbox」というプラグインを追加している。←まだ思うように動きません・・・(.泣)

随分こねくり回していた割に80%の完成度ってところだが、もう飽きてきたので(笑)取り敢えず変更に踏み切った。しばらく経てばまたやる気になると思うのでこれからも地道に作業していきます・・・。

※7/19 追記
「Bootstrap Lightbox」は結局動かず、次いで本家「Lightbox2」を入れてみるがこれも動かず、「ColorBox」を入れてようやくポップアップ・スライダー実装出来ました!!! 

寅さん記念館に行ってきました

まあネタとしてはtwitterレベルなんだが、写真の量が膨大になってしまったのでブログにて公開します。

入り口。いきなり寅さんとご対面 (次)スタッフのおじさんに「この角度で撮ってあげて!」と言われて(^^;)
tora_1.jpgtora_2.jpg
エントランス。どきどき・・・。
tora_3.jpg

幼少の頃から第一作「男はつらいよ」で寅さんが柴又に帰ってくるまでの話を人形劇で。写真じゃ分かりずらいが14インチTV位の大きさ。
tora_4.jpgtora_5.jpg



本日のハイライト・その1 『くるまや』 撮影に使ったセットを復元。寅さん大好きな奴はきっと俺と同じ気持ちだよな。涙出たわ・・・。
tora_6.jpgtora_7.jpg
たこ社長の印刷所。(次)くるまやの模型。結構広いんだな、と感心する・・・。
tora_8.jpgtora_9.jpg
tora_11.jpgtora_10.jpg



本日のハイライト・その2 帝釈天の街並みを再現。縮尺1/3位だろうか。これはすげえ、マジすげえ・・・。
tora_12.jpg
人車鉄道の再現。鉄っちゃんとしての私は大喜びだが、寅さんの映画にこんなシーンあったっけ? とも思う・・・。
tora_13.jpgtora_15.jpg
tora_14.jpgtora_16.jpg



ここからは番外編。まずは山田洋次記念館でいいジオラマがあったので。
yamada_2.jpgyamada.jpg
続いて山本亭。寅さんミュージアムが昭和の下町ならこちらは大正ロマン。和洋折衷。これはこれでアリ。(^^;)
yamamoto_6.jpgyamamoto_1.jpg
yamamoto_3.jpgyamamoto_4.jpg
yamamoto_2.jpgyamamoto_5.jpg
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png