副業(在宅ワーク)はじめました~実践編

我ながら立派なプロフィールを作ってはみたものの「受注実績」も「評価」も「作業承認率」も「ありがとう」もゼロ。これでは仕事の申し込みをしても却下されまくるのがオチだろう。

まずは報酬よりも件数をこなして、実績を作る事・プロフィールを充実させる事を目標に活動していく。

12月〜「タスク」案件をこなす


prof_1.png

1. 簡単作業から取り掛かる


「タスク」という誰でも即仕事に参加出来るという案件をこなす。最初は「指定されたキーワードでネット検索してその結果を報告する」という仕事から取りかかってみた。

10分も掛からずに終わるが報酬は5円とか。( ̄▽ ̄;) いくら実績を増やす為とはいってもこんなんやってられん ! 3件で辞める。

2. ライティングの仕事に挑戦


100文字で10円とか1500文字で150円とかいろいろあるが、1500〜2000文字という案件が多い。当ブログで自分が「長文」と言っていたのが1500文字程度だ。自分が井の中の蛙であった事を思い知らされる・・・。

さすがに自分が何も知らないFXとか不動産取引とかゼロから調べて1500文字書く自信はない。観光名所とかアニメや映画の感想とかお題を選んで書く事になる。

ただそうやってるといい案件がなくて、半日仕事の検索だけして終わるという事もある。最終的には副業に当てる予定の時間の半分しか仕事出来なかった。

※チームavocadoの面々よ、柴又や川越や長野に行った体験が金になったぞ ! 全部で250円だけど。(笑)

3. 一ヶ月目の結果


目標の10件は達成。そして少しずつだが報酬100円200円と上げていく事は出来た。
報酬1,005円
稼働時間16時間
時給64円
タスクは卒業だ ! 一ヶ月は試用期間みたいなもの、とは考えていたがこれはもう想像を絶する薄給・・・( ̄▽ ̄;)

1月〜「プロジェクト」にトライ


prof_2.png今月から「プロジェクト」に挑戦する。仕事に応募して発注者から承認貰ったら仕事に取りかかるという案件だ。勿論申し込んでも断られる可能性はあるから、先月は実績作りに専念した訳だ。

1. 仕事の方向性を決める


まずは応募案件を検索してみる。全6,530件の仕事の内

  • データ作成・入力 407件

  • ライティング・記事作成 2,515件

  • HP制作・Webデザイン 194件

うーむ・・・やはりHPの仕事を取るのは難しそう。そして思ったよりデータ入力系の仕事が少ない。しばらくはライティングで頑張っていくのが良さそうだ。

2. マンガの感想の記事


次に個別の案件を見ていく。高単価の仕事は条件がキツくてビビる。(^^;) それではと初心者OKのキーワードで絞り込みしてそこから応募をかけてみる。

契約を交わす前にサンプル記事作ってくれ、という案件が多い。文章力を見たいという意図は分かるが、不採用だったらタダ働きってことか ? ( ̄▽ ̄;)



まぁでもやるしかないのでサンプル記事送ったら運良く採用。マンガの感想記事・1500文字×5件で3,000円(1文字0.4円 ちなみに1文字1円が着地点な)という案件をゲット。

全く読んだ事のないマンガのお題を出されてパニックになったりもしたが、予定通り2週間で完了した。

そしたら継続して仕事して欲しい、とオファーが来た ! 先に述べたが仕事の検索だけして半日終わるとか最悪なんで、継続して仕事貰えるというのは実にいい流れ。

3. 二ヶ月目の結果


目標10件のところ5件しか受注出来なかった。サンプル記事から本契約へ、契約終了から継続案件へ、の間が結構日が空いたので、予定の半分しか稼働してないのが原因だ。
報酬3,000円
稼働時間25時間
時給120円
報酬は1万円位をイメージしていたが、当然こちらも届かずだな。てか時給で見るのはよそう・・・遊んでる時間に金が入ってくる、って考えた方がいい。(・ω・)

2月〜受注案件を増やしていく


prof_3.png今月は先月やってきた事の継続・深化だ。継続案件貰っても仕事と仕事の間が空いて収入が伸びない事があるのを先月学んだ。

かといって複数の仕事を受注して、納期が押しちゃって家に帰って残業、みたいにはなりたくないなぁ・・・でもやるしかねぇ。

1. 「終活」に関する記事


2,000文字で1文字0.6円、締め切りなし、好きな時に好きなだけ書いてくださいという仕事を受注。おぉ、これが俺の求めていた案件。(≧▽≦)

ちょっと自信もついてきてたので意気揚々とテスト・ライティングに挑むが、何と不合格 !!! これにはマジ落ち込んだ・・・_| ̄|○



フォーマルな文体を要求されていたので、自分には合わなかったのかもしれない。いや、コピペチェックで引っかかったのかも。

提出前にセルフチェックはしていて「良好」の判定だったんだけど、数値は高めだったので向こうの基準に届かなかったのかな。

知らないテーマで記事書くとコピペ率上がるのは自覚していたんで、どんな案件でも出来るという自信がなくなったなぁ・・・。

2. 商品の紹介記事


マンガの感想しか書けないんじゃいずれドン尻になる、と危機感抱きながら次に選んだ案件は、商品のランキング紹介記事。何と6000文字 ! 出来るのか? 俺に出来るのか ?

おまけに自信を持って書けそうなお題がなかったので適当に選んだら予想以上に苦戦、夜や休日も仕事する羽目になった・・・。

何度も修正依頼を受けながら「また不合格か ?」という恐怖と戦う日々。だけど今回は合格 !!! おまけに「ライター様の記事の内容が大変素晴らしいものであった」なんて言われて継続の依頼も。(涙)

3. 三ヶ月目の結果


結果は11件。ほぼ目標通りの件数をこなせた。
報酬11,250円
稼働時間74時間
時給152円
副業に当てる時間は月50時間程度の見込みだからだいぶオーバーだ。それでも1ヶ月で5万円の目標には遠く及ばず・・・(・ω・)

最後に


  • 最初の一ヶ月タスクの仕事してたのは無駄だった。度胸をつけるために最初にやるのはいいけど、せいぜい4.5件だな。

  • 執筆スピード上げなきゃ。1500文字の記事書くのに5.6時間はかかり過ぎ。2時間が目標。

  • 仕事探してる時間が長過ぎ。作業に充てる時間は常に作業してないと。マネジメント面の失敗。

といったところが反省点。

執筆時間が今の半分になれば、また今は文字単価0.5円前後だけど1円以上に上げられれば、倍々に収入は増えて4万円はいくんだけどな。でもまぁあと半年位はかかりそう。地道に頑張ろう・・・。
スポンサーサイト

宇宙戦艦ヤマト2202 感想 

2202_1.png2202_2.pngTV放映開始前後のツイート

【2199は絶賛したけど2202は不安だな~。元ネタの「さらば宇宙戦艦ヤマト」が名作だから】
【2202第1話鑑賞しました。まいりました。一生ついていきます! 】

言ってる事が二転三転して申し訳ないけど、13話位まで観て確信しました。
----------
2202は駄目だ・・・
----------
何故ダメかを説明するには「初代」「さらば」「2199」の良さについて、比較の為に語らなければならない。順を追って説明しましょう。

1. 初代「宇宙戦艦ヤマト」と「さらば宇宙戦艦ヤマト」の魅力


saraba_yamato.jpg「初代」と「さらば」は今観ても傑作だと自分は思う。初代の劇場版のパンフレットに、プロデューサーの西崎義展氏のコメントが載っていたのを今でも覚えている。ちな俺中学生な。

『少年にロマンを。少女に夢を。全てに愛を・・・』まさにこれ。

  • 物語のプロットや世界観
    「絵」でぐっと引き込まれる壮大なスケール感。第一話の地球が真っ赤な荒れた星になっている、というショッキングな映像とかがそう。理屈じゃない。


  • 夢とロマン
    そもそもロケット型の宇宙船でなく、戦艦が宇宙空間を進む映像からして燃える。(^^;) 未知の世界への冒険と、意外と波動砲無双でなく知恵と勇気で危機を乗り越えていく感じが良い。


  • ストーリーの良さ
    さらばの波動砲で白色彗星撃破。からの彗星帝国出現。仲間達がバタバタ死んでいく中での辛勝。からの超巨大戦艦出現。この三段のたたみかけなんかが代表的。




じゃあ旧作ヤマトを万人にすすめるか? というとそれは難しい面がある。

  • 40年も前のアニメなんで絵が汚い。今の若い人には受け入れづらいだろう。

  • 昔の作品なんでSF考証や設定が甘く「それないんじゃね?」という点が多々ある事。(後述します)

  • これも時代だろう、主人公・古代君が熱血漢過ぎて命令無視したり暴走したり、「艦の規律はどうなってるの?」と首をかしげてしまう点だ。


以上3点を改善してリメイク作を現代に問うというのは全然アリだろう。

2. 宇宙戦艦ヤマト2199の感想


yamato2199.png初代「宇宙戦艦ヤマト」のリメイクだが、先に述べた問題点を見事に解消している。絵は見事なまでに綺麗。森雪の目が大きいのが嫌い、と言った友人がいるが俺だって嫌だ。(笑)

でもそれは些細な事よ。SF考証や設定も相当練り込まれている。いくつか例を上げましょう。

  • 主要キャラクターが出ずっぱりなのは現実的でない事から3交代制を設定。例えば戦術班は古代・南部に加え北野というキャラを追加など。


  • 同様に森雪がレーダー主・生活班長・看護婦を兼任するのには現実的に無理がある。そのため平田(生活班あらため主計科)原田真琴(衛生士)などのキャラを追加。


  • ドメル艦隊との決戦で四台の空母は「こんな旧式を」という設定に変更。乗組員も老兵や少年兵ばかりとなり、「勝てる訳ないだろ」から相当リアリティは増した。

    いや、絶対勝てっこねぇという相手に勝利するのは映画的カタルシスではあるんだけど、リアリティとは別の話。




ただデメリットとしてリアルを追及した分、物語の面白さはチト半減してしまったかな。熱血古代君を抑えた結果「古代君が空気」になってしまったりとか。(^^;)

あと個人的には初代の名シーン、名セリフも都合で改変されたりさらっと流してしまったり、「ここはいじらないで欲しかったなー」というのはいくつかあった・・・。

※2199に関しては過去に記事上げてるんで良かったらこちらもどうぞ♪ 「宇宙戦艦ヤマト2199」

3. 宇宙戦艦ヤマト2202の感想


回を進めていくうちに2199とは全く別の観点から2202は作られているんだなーと分かった。2199がリアリティを追及しているのに対し、2202はあっと驚く展開を毎回提示してゆく事に主眼を置いているようだ。

そしてそれがだんだん鼻につくようになったのだ。製作側が「どうだい ! これ面白いだろう?」ってドヤ顔で鼻膨らましてるように感じてメチャ萎える。いくつか例を挙げよう。

2202_3.jpeg第7話 ヤマトが封じ込められた衛星の軌道上にガトランティスの大戦艦が次々とワープアウト、その数何と250万隻。

艦隊は円筒形に隊列を組み一つの巨大な砲塔となる・・・っておいおい。ガンダムのソーラ・レイの方が100倍リアルだろ。

「どうだい? すっげー映像だろ?」っていう制作陣の高笑いが俺には聞こえた。( ̄▽ ̄;)

2202_4.jpeg第12話 時系列的には第11番惑星からテレザート星へ向かう途中、ワープ(?)してきた白色彗星がヤマトの目前に。彗星内に引き込まれるも必死に脱出するヤマト。

おいおい、オリジナルの流れ無視かよ ! それにここで彗星本体出す事に何の意味がある ! ドヤ顔演出だけでなく、シリーズ構成の能力まで疑い出したこの私。( ̄▽ ̄;)

2202_5.jpeg第13話 ヤマトに人型ロボットを追加したのは最悪だ・・・。

おまけに姿勢制御が不安定になったヤマトを「手で押すのよ」と言ってヤマトの周囲に張り付いてバーニア全開、ってシーンには思わずのけぞってしまった。

スケール感完全無視。どう考えてもあの小型ロボット数十台でヤマトは押せないやろ ! とうとうリアリティまで放棄したか・・・( ̄▽ ̄;)



ちょっとDisりすぎて気がさしてきたので、褒めるところは褒めておこう。

  • 第13話 ゴーランド提督に初陣の息子というキャラを追加したのは良かった。

  • 第15話 デスラー総統の過去の掘り下げは実によく出来ていた。


おわり。(それだけかい !)

まとめ


まだ放映の途中だけど記事UPしちゃいます。ここから「さらば」のエピソードは使い切って独自のストーリー展開になるって噂を聞いた。

最後まで見てしまうとおそらくDisりが更にエスカレートしそうなので「今日はこの辺で勘弁してやるよ ! 」的な感じで。(^^;)

まとめると
  • 初代ヤマトとさらばは名作 !

  • 2199は悪くない !

  • 2202はマジ許せん !

自分以外にも2202を酷評している人は結構多いようだ。こりゃ「新たなる」や「永遠に」のリメイクはもうナシかな・・・。

新横浜ラーメン博物館に行ってきました〜風景編

ラーメンが大好きで昭和レトロが大好きな私。ラー博以降昭和レトロなテーマパークはいろいろ出来たんだけどレベルが違うんだよねレベルが。本家本元の凄さをどうぞ見てくだされ。

Iphoneなら綺麗に撮れるだろうと思ってたけど、そうでもなかった。てか俺のカメラの腕の問題かな? 後で調べたら光が筋になってしまうのはレンズの汚れのせいだそうだ。いやお恥ずかしい・・・。

1. B2F メインフロア


駅前の商店街といった趣き。映画館があるからそこそこ大きな駅なんだろう。
rarhaku_11.jpgrarhaku_12.jpg
rarhaku_13.jpgrarhaku_14.jpg
rarhaku_15.jpgrarhaku_16.jpg
rarhaku_17.jpgrarhaku_18.jpg

2. B1F 回廊


こちらは路地裏といった趣き。半時計回りで回ったが、住宅街から飲み屋街へと変化。写真を整理してて気付いたが、これって時計回りで巡回するのが正解? (他の人も皆半時計回りだったけど)
rarhaku_19.jpgrarhaku_20.jpg
rarhaku_21.jpgrarhaku_22.jpg
rarhaku_23.jpgrarhaku_24.jpg
rarhaku_25.jpgrarhaku_26.jpg
(左)今回の写真の中で一番のお気に入り。どう? この路地裏感!!!
rarhaku_27.jpgrarhaku_28.jpg
rarhaku_29.jpgrarhaku_30.jpg

3. その他レトロなモノ


トイレの中だけ近代的なのだけは気に食わん! 最も汚れまで再現しなくてもいいけど。(^^)
rarhaku_31.jpgrarhaku_32.jpg
rarhaku_34.jpgrarhaku_35.jpg

最後に


いや~堪能しました!8年前の巡礼もブログに上げてるんだけど、画像が荒すぎて今じゃちょっと見られたもんじゃないです。
「横浜中華街とラーメン博物館(久しぶりの聖地巡礼)」
今回の記事はあれより相当マシ、という事でどうかご勘弁を・・・m(_ _)m

また次に来る時はカメラを気にせず目で風景を味わいたいなぁ、と思ったり、いや次こそリベンジで綺麗な写真を撮るぞ! と思ったり。(^^;)

新横浜ラーメン博物館に行ってきました〜ラーメン編

この私が「聖地」と呼ぶ場所、魂の帰るところ、約束の地、その名は「新横浜ラーメン博物館」実に8年ぶりの聖地巡礼となる・・・。

まずはラーメンの話から。元々ラー博は全国の名店が集う場所だったはずだが、近年は海外の創作系ラーメンとかが増えていた。

個人的には「ちょっと違うんじゃね?」と思って萎えていたが、最近揺り戻しが来たようだ。このタイミングでいつもの飲み仲間からオファーがきたのは実に間がいい。

尚、私はラーメン大好きなくせに長ネギ大嫌いなので、写真はネギ抜きという不完全な状態である事をお許しください。(九条ネギや万能ネギは大丈夫) あと全て半ラーメンです。

1. 東京「二代目げんこつ屋」


昔新宿の店に入った事があったんだけど割とコッテリという印象だった。今回食べた感じはとんこつの味わいがありながらも全体としてはアッサリ。記憶違いか味が変わったのか? まぁどちらにしてもうまい。(≧▽≦)
rarhaku_01.jpgrarhaku_02.jpg

2. 熊本「こむらさき」


熊本ラーメンとんこつ系。臭みはなくとんこつの中ではアッサリ派に属する。炒ったニンニクが入っているので風味はバツグン! うまいです、こりゃうまいわ。(≧▽≦)
rarhaku_03.jpgrarhaku_04.jpg

※ここで腹ごなしの為に回廊(B1F)をお散歩。

3. 山形「龍上海本店」


先月「すみれ」が閉店してしまったのは実に残念。でも同じ味噌でもこちらも人気店、辛味噌ラーメンだ。いや、ここが今回一番の掘り出し物だった。

味噌ラーメンって味噌の味しかしないから自分はあまり食べないのだ。(ラーメンは「ダシ」と「タレ」のハーモニーを楽しむモノだと私は理解している)

でもここのは煮干しのダシが強烈! こんなん食べた事ないがな! (≧▽≦) ただ辛味噌を溶かしてしまうと煮干しの風味は何故かウソのように消えてしまう。半分位食べてから辛味噌を混ぜる事を強く推奨したい。
rarhaku_05.jpgrarhaku_06.jpg

3.5 沖縄 居酒屋「りょう次」


再び休憩。前も居酒屋はあったけど、沖縄料理屋に変わったのは嬉しい。一杯でも多くラーメン食べたいからツマミは海ブドウだけあればいいや、なんて思っていたけどメンバーはガンガンツマミ頼むの図。(^^ゞ
rarhaku_07.jpgrarhaku_08.jpg

4. 横浜「支那そばや」


シメはここ以外ありえない。TVで有名になった「ラーメンの鬼」こと佐野実氏の店。ハッキリ言って日本で一番おいしいラーメンはこの「支那そばや」だと思ってる。

素材ひとつひとつが研ぎ澄まされた、まるで懐石料理でも食べているかのような凛として厳粛な味わい。
rarhaku_09.jpgrarhaku_10.jpg

最後に


出来ればもう一杯行きたかったがあえなくダウン。正味4時間程度の滞在だったからまぁ限界だろう。開店から閉店まで粘れば8店舗完食出来るのかもしれん。

  • 北海道・利尻島「利尻らーめん味楽」

  • 沖縄「琉球新麺 通堂」

  • カナダ・トロント「RYUS NOODLE」

  • ドイツ・フランクフルト「無垢-muku.ツヴァイテ」

は残念ながらパスです。利尻らーめん味楽の「焼き醤油ラーメン」は食べたかったな〜!!! ヽ(`Д´)ノ

副業(在宅ワーク)はじめました~準備編

マッサージ屋を開業している訳だが客待ちの待機時間はかなり長い。その時間で内職でもしようかな、というのは随分前から考えていた事だが、最近売上もかんばしくないのでいよいよ実行に移す事にした。

セラピスト・整体師として敗北したみたいで実に屈辱的ではあるが、店以外に収入源があるというのは精神衛生上いいのかも。(あまりに客来ないと「ボクっていらない人間なんだ」って碇シンジ君状態になってしまう)

えっ?集客頑張れよって? ここ数ヶ月いろいろ仕掛けての今の状況だから・・・(>_<)

1. そもそも何の仕事するよ?


前提条件として
  • 自分しか店番する人がいないので店を離れる仕事は出来ない。

  • お客が来たら施術に入るので途中で中断出来る仕事でなければならない。


コンビニのバイトだって副業になるんだけどそういうのはダメね。内職というとシール貼りとか造花作りとか連想してしまうけど(発想が昭和!) PCとネットを使っての作業が今は全盛らしい。おお! PCなら任せろ!

仕事の探し方だけど
  • 求人サイトで探す。Indeed、an、タウンワーク等の大手でも「内職」「在宅ワーク」といった求人は多い。

  • クラウドソーシングサイトで仕事を受ける。大手としては「ランサーズ」と「クラウドワークス」がある。


現在の主流はフリーランスとしてクラウドソーシングサイトで仕事を受注する方のようだ。そしてざっと調べるにクラウドワークスの方が初心者向け案件が多いらしい。よし、とにかくまずは登録してみよう!

さて登録自体は簡単だがいろいろと下準備が必要。

2. ニックネームと似顔絵づくり


TwitteでもFacebookでもプロフィール写真が載ってないのはヤル気が感じられないもの。ましてや仕事を貰おうというのだからそういう細かいところまでキチンとしておきたい。

名前は実名、写真は自撮りが普通かと思ったが、クラウドワークス内で検索してみるとSNSのように名前はニックネーム、写真はペットや風景の人が多い。

いろいろ考えて自分は本名っぽい偽名、イラストチックな似顔絵で行く事にした。

prof.jpg似顔絵をネット上やスマホアプリで無料で作成出来るサービスは沢山ある。大別して自撮り写真を加工するもの、目や口などのパーツを組み合わせて顔を作るものの2種類。

前者はアーティスティックな感じ、後者はマンガっぽいものが多い。いくつか試したが私が気に入ったのは「chappie」という後者のパターンのアプリ。出来上がったのがこれです。

私の素顔を知ってる人、どう? 似てるかな? (^^ゞ

3. 自己PR文の推敲


例文をネット上で探したら、数々のプログラミング言語を使えて仕事の実績もある人のようなものばかり。私の出来る事といったらWord・Exel等でデータ入力、ライティング(ネット記事を書く) ホームページの作成程度。

一番参考になったのはこちらのサイト。
 「クラウドワークスのプロフィール充実度を上げる書き方 3つのポイント」

4. 楽天銀行に口座開設


仕事の報酬は銀行振込で行われるが、クラウドワークスでは振込手数料が「楽天銀行100円・他行500円」となっている。ちょっと差がでかいのでここは楽天銀行に口座を作らざるを得ない。

まずはネット上で手続き。PCだけで作業は終わるかと思いきや、スマホでアプリをインストールして運転免許を撮影して送れとか結構面倒。

おまけに一週間かかって初期設定用の書類が書留で送られてきて、仕事で受け取れなくて最配達の依頼するとか。ネット銀行っていったって全然スマートじゃないのな。(嘲笑)

最後に


しかし私のやろうとしている仕事は
  • データ入力→呆れるほど低収入、時給にして300円とか。( ̄▽ ̄;)

  • ライティング→時給300円~1000円。評価が上がれば報酬も増えるが実力次第ってとこか。

  • HP作成→自分WEBデザイナーです! って自称してみても実績としては自分の店のHPを作った程度。仕事なんて貰えるのかどうか不安・・・。


最初は月に数千円しか稼げないもんらしい。3ヶ月後に5万円とかは可能みたい。自分の目標も週18時間位働いて月5万円と定めた。

とりあえず頑張ります。次、3ヶ月位経ったら実践編書きます。
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:50代独身。マッサージ屋を開業しています。誰に指図命令されるでもなく気楽にやってますが金はないです。(^^;)

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、ラーメン食べ歩き

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。