オリジナル・ガンプラ その13 Zガンダム

今夜はW杯 日本-パラグアイ。今夜は実家でなく私のアパートに兄弟が集まる予定だが、その前に日記の更新をば・・・。
PH_348-1.jpgPH_353-1.jpg
積んどく状態の在庫の消化もこれで一通りきりがつく。今回はMG Zガンダム、それもver1.0である。ver2.0が発売された時はそのシルエットのシャープさ、美しさに地団駄踏んだものだが(ver1.0ってカトキデザインでしょ? 私はどちらかというとカトキ信者なのだが、負ける事もあるんだなぁ)手元にver1.0があるんだからまずはこれを片付けてしまおう・・・。。

何も考えずにパチパチ組み立て始めたが、組んでみると意外と合わせ目が多くてびっくり。MGでも初期の製品ってこんなものなのね~。ゲルググ ver2.0とか最新の製品を作っていたから感覚が鈍っていたようだ。一旦分解して合わせ目消しをしようかどうか逡巡したが、めんどくさくなってそのまま進める(あらあら)

改修ポイントはカラーリング変更メイン。肩・腕回りの青、翼やスタビライザーの黒を白に塗り替え。昔からZに黒い部分があるのが何か嫌だったのだ。全体に白っぽく、且つガンダムのトリコロールカラーは尊守する。その他グレネードランチャーだけ薄く整形し直しした位。
PH_351-1.jpgPH_359-1.jpg
途中黒い翼を白く塗る時にグラデーション塗装にチャレンジだっ!と思って挑戦してみたが、速攻で撃沈_| ̄|○ ベタ塗りに変更しました。調べるとグラデーション塗装って通常の5~6倍は時間がかかるものらしい。数を揃えたくて先を急いでしまう私にはその点でも向かないようで。やっぱり「テク
なしアイデア勝負」という今の路線は私にとって正しいらしい。

さて完成したが、背中側が重くて立てさせられない・・・( ̄▽ ̄;) 仕方なく壁に寄りかかった状態で撮影する。何かどーでも良くなって(^^;)塗装が剥げるのを覚悟で変形させてみる。この複雑怪奇な変形の再現はかなり感動的。古いといってもやっぱりMGはすごかった。

※教訓:ガンプラは買って積んどいてはいけない。作ろうとした時にはもっとすごいバージョンが出ている(あとお台場で買ったガンダムver.30thというのが手元に残っているが、既にRGシリーズというとんでもないのがリリース予定である訳で)
PH_362-1.jpgPH_366-1.jpg

オリジナル・ガンプラ その12 MS-14 ゲルググ

前々回のザク完成後、よし、次はゲルググだっ!と思ってMGの量産型のver.2.0を買いに出かけたが、新宿にも秋葉原にも売ってない。いいもーん、通販で買うもんね、と検索をかけるが、Amazonも楽天も在庫品切れ。通販を受け付けているサイトを見つけて申し込むが「問屋にも在庫がありませんでした」との返事(在庫なしって最初から書いとけよー) 欲しいモノは見つけた時に買っておかないと、こういう事になるんだよなぁ・・・。
都内をあちこち探し回ってもダメで殆ど諦めかけてた頃、近隣の中野ブロードウェイで中古\4,780というのを見つけて即買いしました。\(^^\)(/^^)/ 中古ったって箱は汚いけど、中身は買った状態のままだ(当たり前か。半分位作ってあった、なんてそんな中古プラモはイヤだ!)
PH_331-1.jpg
さてここまで苦労して手に入れたMG・量産型ゲルググ・ver.2.0。1.0よりシルエットも色も格段に良し。素のまま組みます。が、オリジナル・ガンプラにする、という使命が私にはあるので、今回は武装に手を入れる事にする。
この機体は背中にバーニアがなく大きく空いているので、リック・ディアスのようなイメージで、武器ラックを組んでジャンク・パーツをどさどさ載せて「最終防衛戦仕様」という感じを狙ってみた。「基地に残っている武器を全部出せ!これは最終決戦だぞ!」みたいな。
ラックは手元にあった3mm厚のスチレンボードを切ってグレー(24) CG100で塗っただけ。武器はザクF2のバズーカ・マシンガン・シュツルムファウスト・足用ミサイルポッドを繋げて持ち手をつけたモノ。ジオンも資材に窮乏している時期であるし、生産数から考えても、ザクの武装が多いのも理にかなっている。(ゲルググ 738台に対し、ザクは4000~6000台とある)
全て後々取り外せるように弱めの両面テープで貼っただけ。差込口とかダボとか作らないのかって? そんなテクはねぇぇっ!(笑)
 
PH_332-1.jpgPH_334-1.jpg
PH_337-1.jpgPH_342-1.jpg
ジオン軍の主要モビルスーツがこれで出揃いました。これをもってガンプラ第一次計画終了。
やっぱりここに旧ザクとギャンも入れるべきだよなぁ。でもそろそろV作戦に進みたいなぁ・・・。
PH_346-1.jpg

オリジナル・ガンプラ その11 アカツキ・ガンダム

PH_304.jpgPH_302.jpg
積んどく状態の在庫の消化~第二段。このHGアカツキ・ガンダムはかつて地方転勤から東京に戻る時に送別の品として貰った思い出の品である。いろいろネット調べるうちにHGなのに\6,800もするという高額商品だった事を知る。ありがとよ、北陸のみんな。
しかしアカツキ自体にはあまり思い入れはなくて(苦笑) いずれは百式を作るだろうが、カラーリングはまず変えるであろうから、ここで金メッキのガンプラを組んでみるのも一興だと思うことにする。だがここでも改造魂がむくむくと頭をもたげてきて(^^;) テクもないのにいばらの道を進んでしまう私なのであった・・・。
51592464.jpg
改修ポイントは
○肩が長いのが気に入らないのでカット。
キリのよさそうなところでノコを当てて、余ったパーツでテキトーに塞いだだけ(^^;) 酷い工作だが、シルエット的には満足。
○シラヌイパックとオオワシパックの結合。
シラヌイのバーニア部分とオオワシのコクピットっ部分をみたいな切り取って、現物合わせでずいぶんテキトーに切り繋ぐ。ボリュームが出すぎて、ドラグーン二台と垂直尾翼の取り付けは諦める。

さてシラヌイ-オオワシパックの展開によって
(左)ストライク並の機動力  (右)ジャスティスの如くパックを分離飛行
PH_305.jpgPH_318-1.jpg
(左)フリーダムの如く超砲撃仕様  (右)ストライクフリーダムの如きドラグーン攻撃
PH_310.jpgPH_316.jpg
スタンドが付属しているのでポージングが楽しい~♪
おまけに金色の外装でビームを弾き返す、という設定なのだから、アカツキ・カンダムって最強の期機体なんじゃなかろうか・・・。
PH_298.jpgPH_299.jpg

オリジナル・ガンプラ その10 MS-06 ザク

PH_282-1.jpgms06f2.jpg

突然ですが、リアルロボットといったら何? 私にとっては一位・ボトムズ、二位・マクロスである。実はガンダムはあまりリアルだと思ってなくて、ケレン味ある従来のロボットアニメにリアルという概念を持ち込んだ、みたいな。ボトムスが総合格闘技なら、ガンダムは新日本プロレス、みたいな感覚だ(分かりずらい例えですまん)
そんなガンダムの中で特にリアルを感じるのは言うまでもなくダントツで『ザク』 ガンダムはロボット、ザクは兵器です。おお、一も二もなく賛同してくれてありがとう(笑)
何が言いたいかというと、ボトムズのスコープ・ドッグとザクの類似性。スコープドックで何が一番燃えるかといえば、レッドショルダー・カスタム。ザクを自分なりにカスタムするとすれば・・・。

ベースはMGザクF2。ザクにもノーマル以外にF2とかFZとかいろいろあるが、あまり気にしない。実はMG初期に発売されたザクⅡよりF2の方がプラモとして出来がいいだろうと思って買っただけ(当時ザクver.2.0は未発売) 
PH_285-1.jpgPH_286-1.jpg
○武装
昔買って積んだままの1/24スコープドック・レッドショルダーのプラモが手元にある。こいつの武装をMGザクに移植しようという、アホすぎて誰も考えなかったであろうアイデアを実行します。もともと縮尺が違うモノだが、結構馴染んでいると思う。悪乗りしてヘビィマシンガンも持たせてみたが、これはちょっと大きすぎるようで(特に握り手の辺り)
○カラーリング
F2は色が初代ザクより薄めの色になっており、ボディはまぁ良しとして。腕・足等の薄いグリーンはかなり気になるので、ここだけ塗装。グリーン(4)CG24を吹く。
今まで何の疑問もなくガンダムカラーの単品を購入していたが、最近ちょっと違うような気がしてきた。ザク ver2.0の色設定が一番近い感じがする。
PH_287-1.jpg○シールド
昔から疑問だったのだが、何故ザクは右腕にシールドがついている? 利き腕(右手)でマシンガンや斧を構えるなら、シールドは左手にあるが自然では、とずぅ~っと思っていた。それにガンダムもジムもグフもゲルググも皆右手に盾を持つのに。これを機会にネットで調べたところ実にいろいろな解説があり「あんなのシールドではない、装甲板だ」から運動力学的に、機械の構造的に、戦闘局面を考察するに、右にあるのが正しい、等々いろんな意見がある。どれも読むとすごいウンチクで、なるほど、と納得させられてしまうのだが、決定版はwikiであろう。
「大河原邦男のインタビューによると、当初シールドは左肩につくようにデザインをした。しかしアニメの設定画は左斜めから見たものが、当時の形式となっていたため、それだと盾の影に腕が隠れてしまうから、反転して描いた。だがスタッフへの説明不足により、そのまま描かれてしまった。」
今後ザクの系譜のMSをいろいろ作っていくと思うが、左肩シールドに拘っていく所存である。(そのおかげで、左腕のソリッドシューターがつけられなくなってしまったのは誤算である)
○その他
・動力パイプはコトブキヤ・スプリングユニット3mmと4mmに変更
・アイカメラはWAVEのH-EYES・1に変更  
これらはグフの時と一緒
PH_280-1.jpgPH_281-1.jpg
PS.左前腕のパーツを一つ飛ばして、部屋の中で行方不明になりました。結構整理整頓していると思うのだが、この部屋でパーツ紛失なんてありえ~ん! 神隠しとか低級な霊の仕業とか、そんなことを考えてしまう私、ヘローンなのであった。(が、撮影後に出てきました・・・)

オリジナル・ガンプラ その9 AMX-004 キュベレイ

PH_236-1.jpgamx-004.jpg

さてグフ、ドムときたので、ザク・ゲルググなどをどんどん作っていきたいのだが、同時に積んどく状態の在庫の消化もしていきたい。このMGキュベレイは昔友人から誕生日プレゼントで貰ったものだ。曰く「ヘローンが買いそうもない機種を選んだ」確かに・・・。

当初はエルメスⅡの別称もあるところから、エルメスカラー(緑)に塗ろうと考えていた。のだが、他に何かいいアイデアないかなーとネットをウロウロしていると、組み立て途中の肩のバインダーを外した状態の写真を見つけた。これが意外とかっこいい! (リンクを貼ろうと思ったが、どこだったか分らなくなってしまった・・・) よし、これを再現しようという事に方向転換。色はオリジナルのままとする。

意匠として肩のバインダーは残したいが、スクラッチはおろか切り詰めして整形する自信などこれっぽっちもない為、考えた挙句、旧キットの1/220・キュベレイをアキバで購入してきて肩だけ使う事にする。\294なり。パーツ取りに使うだけにしても十分安い。厳密には白の色目が若干違うのだが、めんどくさいので塗装はパスする(^^;)ゝ どうせ私のスマホのカメラでは画像が悪くて違いがよくわからんに違いない・・・(デジカメ位買えって友人によく言われる) 結局、後述の水性クリアを吹いたところ、殆ど見分けがつかない程になった。
PH_237-1.jpgPH_238-1.jpg
PH_239-1.jpgそれにしてもガンプラを塗装なしでサクサクと組み立てていくのは実に快感であり楽しい。パーツ分割による色分けが実に見事なキットで特にする事なし。ガンダムマーカーによるスミ入れとトップコート吹きだけささっとやって5日で完成。ちなみにキュベレイはパール塗装が王道なようだが、私は他のMSと並べた時の違和感を心配してツヤ消し、にしたいところだが、間を取って(?)半ツヤを吹いておいた。

造形は想像以上にしっくりきたなーと思う。友人に見せたところ肩のバインダーの改造には全然気がつかなかった。巨大な肩のバインダーがないと、キュベレイの意外とマッシブな、尚且つ流麗なボディラインがダイレクトに目に飛び込んでくる、という印象があるが、如何なものだろうか?

PS.肩アーマーの工作が適当すぎて、最終組み立て途中で壊れました(泣) 相変わらず後半になると完成を急いでしまい、工作が雑になる・・・。

PH_293-294.jpg先日いつものようにガンプラ作りにいそしんでいたら、クラフトナイフが文机の上からころころと転がって落ちて、自分の右足の側面に真っ直ぐ突き刺さりました。
「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁっ!」
傷口は小さいが血の出方からして静脈にまで達した模様。一時間位は血が止まらなかったっス。
こうして命がけでガンプラ作っています(^^;)

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:50代独身。マッサージ屋を開業しています。誰に指図命令されるでもなく気楽にやってますが金はないです。(^^;)

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、ラーメン食べ歩き

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png