男54歳 生まれて初めての全身脱毛(自宅ケア)

先日Twitter・Facebookでこんなつぶやきをした。
datsumou_1.png言おうか黙ってようか随分躊躇していたのだけれど、コメント欄やその後のリアルな飲み会での反応は普通に賛否両論といったところだった(もっと白い目で見られるんじゃないかと思ってた) それならもっと詳しく語ってみようと一本記事に仕立てた次第。

①男の脱毛の現状
今現在、大半の日本人男性は「男がムダ毛のケアなんて恥ずかしい! かっこ悪い! 女々しい!」と思っているのだろう。私自身つい最近までそうだった。でもここ数年男性のムダ毛事情は急激に変化している。明確なデータは見つけられなかったのだが、ネットを徘徊していた印象では全身脱毛している人は日本人男性の10%位と推測される。(ちなみに日本人女性は80%程度、欧米の男性は80%超。) 10%は低いと思うだろうが自分の体毛を鬱陶しいと思ってる人は70%、潜在需要は高い訳だからこれからどんどん伸びていくのは間違いないだろう。
また有名人でも全身脱毛してます、と公言する人もここのところ急増。サッカーの本田圭佑や香川真司、元Livedoorの堀江貴文、お笑い芸人はバラエティ番組見ないんで全然名前知らないんだけど存在多数、というのもこの流れを裏付けていると自分は考えている。

②私が脱毛しようと思った動機
昔から体毛に関してあまり良く思っていなかった。見た目汚らしいし不快に感じる。尻毛なんて大便の後トイレットペーパーで拭き取ったら紙のカスが毛に絡まっていたりして不潔だし、陰毛はチン●に絡まってイタタタってなるしたまに痒くなるのがマジで嫌。太もも前面や膝回りにピョコピョコ毛が生えてるんだけどたまに毛抜きで抜いたりはしていた。ワキ毛やすね毛は別に何とも思ってなかったけど、どうせやるなら全身いっちゃう~♪位のノリだ。(^^;)
要するに自分が快適に過ごしたい、清潔感や爽快感を求めてという事だ。一人暮らしだしスポーツクラブや銭湯・温泉に行く習慣もないので人目を気にしてという観点はないんだよね・・・。

③実際の行動
datsumou_2.jpg実は4ヶ月前くらいに脱毛石鹸なるものを購入していた。K-OUTという商品が有名らしいので通販で3個セットを注文(てか店頭じゃ手に入らない) 普通の石鹸代わりに身体洗うだけなら手間がかからないし「男がムダ毛のケアなんて」って感じがなくていいと思ったのだ。

datsumou_3.pngただ数週間経っても何の変化もないので調べたら洗い方が間違っていた模様。ゴシゴシ洗うんじゃなくてモコモコの泡をつくって包み込むように洗うんだと。無印良品で泡立てボールなるものを手に入れる。自分は普段ナイロンタオルを使っているのでこの洗い方は何かストレス溜まるわ。
そして3ヶ月で3個使いきったが結局全く効果なし。効果はかなり個人差があるようだ。1万円ドブに捨ててしまった・・・( ̄▽ ̄)

datsumou_4.jpgあえなく当初の計画は頓挫したが、とにかく一回だけでもツルツルにしてみようと思いドラッグストアで除毛クリームを購入。VIO(Vは陰毛、Iは性器回り、Oは肛門回り)のIやOには使えないって書いてあるけど構わず決行したが特に問題はなかった。今度はうまくいってごっそり毛が取れた。陰毛がすっかりなくなった時は正直「うわっ! 気持ち悪っ!」って思ったけど3日で慣れた。(^^;)
ただ一週間もしたら1mm位生えてきてしまう。まぁ常にツルツルじゃなきゃ嫌! って訳でもないし数ミリ生えている程度では爽快感を損なわないので月1位ケアしていけばいいのかなと。ただ今後も除毛クリームで決まりって訳でもなくてブラジリアンワックスや電気シェーバーの使用も考え中。とにかくお金はかけたくないし出来れば手間もかけたくない。どの方法も一長一短なんだよなぁ・・・。
 ※参考:自宅脱毛の完全ガイド

結論としては全身脱毛やってみて良かった。気持ちがいいし爽快である。股間が痒くなる現象も全く無くなったしもう毛がボーボー状態には戻れないだろう。

これにてカミングアウト終了。この駄文がどこかの誰かの背中を押す事が出来たとしたら実に幸いと思っている。君は間違っていない。頑張れ。
スポンサーサイト

Twitterでつぶやき損なったネタ・まとめ~ラーメン編

「これは来週のつぶやきネタとしてとっておこう」とか思ってそのまま忘れてたり、タイミングを逸したりした案件が結構あります。連続して投下してもいいのですが最近ブログが全然更新出来てないのでこちらでやります。

----------
笹塚「夏樹」が閉店して「日勝軒」という店に変わってた。醤油ラーメンを食してみるに看板変えただけ?という気がするんだけどどうなんだろう・・・。嬉しいのは半チャーハンが選べる事だ。ラーメンとチャーハンって最高の組み合わせですよねぇ。(^^;)
rarmen_1.jpgrarmen_2.jpg

----------
入院している父の見舞いに往復2時間かけて高尾まで。ええ、転んでもタダでは起きません。帰りにすかさず妹が教えてくれたラーメン屋へ。(笑) 高尾「びんびん亭」 いわゆる八王子ラーメン。麺のコシがなかなか良かった。
rarmen_3.jpgrarmen_4.jpg

----------
笹塚「らぁめん花月」限定メニュー『ぐらんキャニオン』 こういうネタっぽい限定はスルーする事が多いんだけど、これはかなり美味かった。背脂たっぷりの醤油スープ、極太麺、もやし山盛り。いわゆる二郎インスパイヤ系。個人的には一味はいらんかったなぁ・・・。
rarmen_6.jpgrarmen_5.jpg


----------
下北沢・新店探訪。「麺と未来」 写真をよく見て欲しいんだけど、きしめんよりぶっとい超超極太麺がすごい。こんなん見た事ないゾ。後から出てきたんで写真撮り忘れたけど「炙り肉飯」がクソうまい。(≧▽≦)
rarmen_7.jpgrarmen_8.jpg

----------
幡ヶ谷「武蔵屋」 以前入った時は正直いい印象を持たなかったんだけど、職場の同僚が盛プッシュするんで再訪。ん? 味変わったか? スープのコクが素晴らしい。横浜家系でうす味のスープは俺は認めんからな。(^^;)
rarmen_10.jpgrarmen_9.jpg

やっと重い腰を上げてシリーズ⑤ 洋服の整理と処分

wardrobe_1.jpgwardrobe_2.jpg※普段はシーズンオフの洋服はビニールのカバーをかけているのだけれど撮影用に全て外してあります。

世の女性達は買い物をすることでストレスを発散すると聞くが、私はその逆でモノを捨てることで快感を得る。身の回りに余計なモノを置いておきたくない。俗に言うシンプルライフとか断捨離とかいうやつですな。私は「モノを捨てたい病」と呼称している。

考えてみれば日々の大半を仕事着(GUのポロシャツとチノパン)と部屋着で過ごしていて、お洒落着なんて月に1回あるかないかの飲み会の時に着る位。スーツなんて今の仕事についてから5年間1回も身につけてない。毎日同じ服を着ている訳にはいかない洋服屋時代、スーツで出勤していた時期があるマッサージ屋時代のそのままの在庫が残っているんだな。それに年に1回も袖を通さないTシャツが沢山あるのに部屋では穴のあいたTシャツを着ていたりして・・・。そいつらを部屋着に回せば普段の生活のレベルアップにもなる。 よし、徹底的に整理・処分しよう!!!

といいつつ、そのお洒落着っていうのはかなり思い入れのあるorいいモノなので、ちょっと袖を通してみては思い留まってみたりしてかなり精神的エネルギーを消費するプロセスではあった。せめてこの場でそれらのアイテムを紹介する事で心の慰みとしたい・・・。

○アロハシャツ
wardrobe_3.jpgwardrobe_4.jpg特に右の2点は東洋エンタープライズのレプリカで実にいいものなんだが如何せん全く着ていない。派手で袖を通すのに気合いがいるというのもあるが、汗っかきになってTシャツの上にシャツを羽織る気がしないというのが大きい。

○Levi's Gジャン・ファースト
wardrobe_5.jpgLevi's製レプリカ。好きな形ではあるのだがもっぱらセカンドの方ばかり着ているので。

○以下3点は冬物のショート丈なのだが真冬になるとハーフ丈にいってしまい殆ど着ていない。もう一度言うが良いか悪いかではなく着てるか着てないかである。

・B-15A
wardrobe_7.jpg中田商店製。襟ボアが茶色、オフセットされた前ジッパー、三角タブなど、B-15シリーズではこのタイプAが一番キュートだと思っているのだが(CとかDとかはまんまドカジャンだよな)自分が着てみても何かこうしっくりこないというのはあった。

・B-15D(Mod)←MA-1ではない!
wardrobe_6.jpgバズ・リクソンズ製。生地の厚み・色合いといい、インナーは中綿でなくウールパイルなのでずしりとした重みがある点といい、ジッパーなどのこだわりのディテール・縫製といい、アルファのMA-1なんかとは「レベルが違うんだよ、レベルが!」と吠えたくなる程の至高の一品。手放したくはないんだが・・・。

・B-3
wardrobe_8.jpg中田商店製。普通のB-3は別にかっこいいとは思わないが初期型は別だ。シープスキンとカウハイドのコントラストが美しい。電車に乗ると暑くて脱いでしまうという凄い保温性。やっぱ着てて重いというのが羽織るのを躊躇う理由かなぁ。そりゃダウンの方が楽だ。

○ジーンズ
wardrobe_9.jpgwardrobe_10.jpg
全部で8本あるんだがウエストの大きいのを3本残して(苦笑)あとは処分。たまたまなんだが残ったのは全てリーバイス製となった。しかし見れば見る程手放すのが惜しい・・・。全てレプリカ。左上から
・Lee 101 1936年モデル ヘアオンハイドと呼ばれる毛がついたままのレザーパッチがワイルド。ポケットのステッチもホースマークステッチじゃない。ボタンの刻印はLee RidersではなくてLee cowboy。 
・Lee 101 1942年モデル ポケットのステッチがこれまた珍しい。ボタンの刻印は月桂樹。大戦モデルだからね。
・Lee 101 1946年モデル クシャクチャに縮んだ皮パッチ。そして激レアな片耳セルビッチ。
・Levi's セルビッチついてないのでちゃんとしたレプリカではないけれど、バックポケット1つ、サスペンダーボタンとベルトループが共存、バックシンチ付きと超マニアックな一品。
・Wranglar 11MWZ 1964年モデル タロン製ジッパー、ゴールドのセルビッチ、ヒップポケット裏の布当て等渋いディテール。

・軍チノ2本は全くはいてないので勿論処分。A-2着る時はジーンズよりチノの方が絶対かっこいいとは思うんだけどね。

○ベルト
wardrobe_11.jpgデブってしまって一番手前の穴にギリ通るか通らないかのレザーベルト達。何で取っておいたんだろう。いつかは痩せるとでも思っていたのか?(苦笑) 妄想じゃ、それはおぬしの妄想じゃ。という訳で全て処分。

スーツやドレスシャツは仕事着=作業着だと思って安物を着ていたので写真はなし。そのまま燃えるゴミに出すだけ。

という訳で最初の写真の通り、半分とまではいかないものの2/3位の在庫にはなった。ハンガーラック1つ、衣装ケース2個を処分。

さて、こいつらをただ捨てるだなんてあまりに勿体ないのでショップに買い取りして貰う事にする。出来ればアメカジやレプリカを分かっている店がいいなぁなんて思ってたけど、調べたらちゃんとあるのな。いくつかある中で「リアルクローズ」さんに買い取りを依頼。HPを見る限りだけど一番アメカジへの情熱を感じたので。(^^;) 申し込みをしたら送付用のダンボール箱やら伝票やらが届くので詰めて送るだけ、と簡単。
ぶっちゃけ店は全然儲かってないので少しでもお金が手に入ればというのも本音だが、こいつらがいい御主人の元へ貰われていくよう祈りたい、という気持ちもかなりあるな。おまいら元気でな・・・(T_T)

いい加減新しいの買えよ!シリーズ第二弾~自転車の買い替え

cycle_1.jpg本日新しいチャリンコ買って来ました。

ちなみにこれが今まで乗っていた自転車。調べたらもう11年以上使っていた。ブレーキワイヤーが切れ、ブレーキレバーが折れ、サドルのスプリングが折れ、パンクすること数知れず。その度修理してきたけどもう限界だろう。乗るたびにクランクからカッコンカッコン、ペダルからギリギリと音がして、回りの人からは「この人自転車買うお金もないのかしら」と思われているに違いない。(苦笑)

さてどんな車種にするかであるが、
①シティサイクル(軽快車・ママチャリ)
私の主な用途は毎日の片道約2kmの通勤とたまに下北沢のラーメン屋探訪(^^;) 1万円ちょっとで買えるし機能的にはこれで十分なんだが「ママチャリだけは絶対イヤ!」と思う位の美意識が私にはまだ残っているようだ・・・。
②電動自転車
通勤路は緩やかなアップダウンが多いのでいいなーとは思うのだが意外と高いのな。最低6万円はする。家にも店にも駐輪場に屋根がなく雨ざらしを免れない身としては高い自転車は買いたくない。
③ミニベロ(小径車)・折りたたみ自転車
今まで乗ってきたしこれでもいいんだが、大きくて細いタイヤでスィスィーッと走りたいなぁ、という気持ちは少しある。道を走ってるとスポーツ車はおろかママチャリや電動自転車に乗ったオジサンオバサンに颯爽と追い抜かれていく悲しみ。
④スポーツ車
・ロードバイク・マウンテンバイク:近隣の店で見ると4万円はする。パス。(通販だと2万円以下もあるようだ)
・クロスバイク:2万円以下のものがある。さすがに部品はママチャリレベルらしいが、スポーツ走行をする訳ではないので十分だろう。

次にどこで購入するかだが、通販、量販店やホームセンター、街の自転車屋のうち、近くの店で買う事にした。最安である通販より5,000円位高くつくけど、今後の修理とか考えると心証的に有利かな、と考えたからだ。

cycle_2.jpgさあ、これがその新車です! 黒にオレンジのロゴが実にイケてないと思うが、ステッカーなので後で剥してもいいだろう。また雨の日も乗るので必須と思ってつけた泥よけが実にかっちょ悪い。おまけに3,000円も取られて総額2.8万。見た目がダメダメな上予算もオーバー。何かテンション下がったなぁ・・・_| ̄|〇 

しかし自転車屋からの帰り道、あまりの乗り心地の良さ、雲の上を走るような疾走感に愕然とした。そんなに細いタイヤでもないんだが。20インチの折りたたみ自転車とこうも違うものか?
折りたたみの前は無印良品のマウンテン・バイク、高校生の頃はツーリング車やロード・レーサーにも乗ってたんだけど(高校生時、実は自転車オタクだった) 忘れていたなぁこの感覚。クロスバイクにした事は大正解!!! これで毎日仕事にいくのが楽しくなる、訳ないか・・・(爆)

いい加減新しいの買えよ!シリーズ~スニーカー3足一気買い

洋服屋を辞めて丁度15年。それ以来仕事着・部屋着・下着を除いた、いわゆるカジュアルなお洒落着は全く買ってない。別にそれまで買った分で何も困ってないのだ。ただスニーカーだけはもう限界がきた。Nikeのエアソール系4足はソールがポロポロ崩れた為に破棄、残ったランニング系3足もあちこちほつれたり剥がれたりでもうボロボロ。今日新宿中を駆け回り、スニーカー3足購入してきました。もうクタクタだ・・・。
私白と黒のスニーカーが嫌いで、キャンバス製が嫌いで、ハイテクスニーカーが嫌いなので(^^;)見事にナイロン製のランニング系ばかりになってしまった。トレッキングシューズも欲しかったんだけど、いいデザインやカラーのモノが全くなかった。
またブランドに関してはNewBlance・Nike・Adidas・ConversがマストでVans・Puma・Reebok等は興味ないっス。

old_sneaker.jpg限界の3足。左からNikeワッフルトレーナー・NewBalanceスーパーコンプ・Adidas SL-72。スニーカーマニアから見れば渋いセレクトだと思うのだが、普通の人から見れば「この人靴買うお金もないのかしら」って感じなんだろう。(苦笑)

M574.jpgさて1足目はNewBalanceのM574。 9,800円(税抜)
NBならM1300といきたいところだが(実際昔履いてた)もう昔とは服に対する価値観も金銭感覚も違ってしまっている。スニーカー1足に2万円も3万円も出せんわなぁ・・・という訳でM1300→M996→M576→M574とどんどんグレード下がってM576の廉価版M574を購入。でもシルエットや色は気に入っている。

coltez.jpg2足目はNikeのナイロンコルテッツ 4,890円
限定カラーであろうワッフルトレーナーの配色が手に入ったのは実に幸運だった。おまけに見切り価格になってて破格の安さ! ただコルテッツにしてはシルエットが異常に細身な気がする。

internasionalist.jpg3足目はNikeのインターナショナリスト 6,990円
3足目はAdidasといきたかったのだが、気に入ったのがなかった。で、もうこいつは色に一目惚れの衝動買い。(上2つはネットでアタリをつけてあった)こちらも見切り価格。1足1万円が目安だったのでたいぶお得な買い物が出来た。

sandalu.jpgさて最後に一番重要なもの。もう踵を踏んづけたりしないよう、家用と店用のスリッパを購入。こんなんもちろん100均だ。(笑)
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:50代独身。マッサージ屋を開業しています。誰に指図命令されるでもなく気楽にやってますが金はないです。(^^;)

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、ラーメン食べ歩き

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。