川越の小江戸に行ってきました その2

◎名所的な建物
・時の鐘
kawagoe2_01.jpgkawagoe2_02.jpg・川越キリスト教会   ・イーグルバス社のボンネットバス
kawagoe2_03.jpgkawagoe2_04.jpg・埼玉りそな銀行川越支店  ・おまけ~川越八幡宮近くの祠(っていうのかな?)
kawagoe2_05.jpgkawagoe2_06.jpg

◎お寺と神社
・川越八幡宮
kawagoe2_07.jpgkawagoe2_08.jpg・氷川神社
丁度七五三で賑わってました。
kawagoe2_09.jpgkawagoe2_10.jpg
kawagoe2_11.jpgkawagoe2_12.jpg・熊野神社
足踏み健康ロード、歩きましたよ。激痛でギャーギャー騒ぎながら。旅の恥はかき捨て。(^^;)
kawagoe2_13.jpgkawagoe2_14.jpg

◎その他
その1の主な通り以外にも街のあちこちにいい感じの建物が残っている。いいねぇ、いいねぇ。
kawagoe2_15.jpgkawagoe2_16.jpg
kawagoe2_17.jpgkawagoe2_18.jpg
kawagoe2_19.jpgkawagoe2_20.jpg
相変わらず写真撮るのがヘタっぴで申し訳ない。画像修正入れてるんだが・・・(>_<)

川越の小江戸に行ってきました その1

前から気にはなっていた川越の小江戸。いつものチームavocadoの集まりで今回の行き先が川越になった。(最も他のメンバーのお目当ては小江戸より昼飯のうな重だったようだが(^^;) 当ブログのプロフィールに「聖地:新横浜ラーメン博物館」なんて書くくらい私は古い建物が好きである。という事で写真バンバン撮りまくってきたので掲載します。

◎川越一番街エリア
ところどころ新しめの建物があるのがチト残念だが実にいい雰囲気。車の往来が激しいのが惜しい。
kawagoe1_01.jpgkawagoe1_02.jpg
kawagoe1_03.jpgkawagoe1_04.jpg
kawagoe1_05.jpgkawagoe1_06.jpg
kawagoe1_07.jpgkawagoe1_08.jpg
kawagoe1_09.jpgkawagoe1_10.jpg

◎菓子屋横丁
ここはどうも作り物っぽいな、という印象を受けたが地元の友人曰く火事で焼けてしまったのだそうだ。悲しいねぇ。
kawagoe1_11.jpgkawagoe1_12.jpg
kawagoe1_13.jpgkawagoe1_14.jpg

◎大正浪漫夢通り
メインの通りとうって変わって何か寂れた雰囲気。それに言う程大正っぽくないような・・・(^^;)
kawagoe1_15.jpgkawagoe1_16.jpg
kawagoe1_17.jpgkawagoe1_18.jpg
kawagoe1_19.jpgkawagoe1_20.jpg・一番最後の写真は川越商工会議所ね。

建物ばかりに目がいって店頭の商品が目に入りません(笑) その2に続く。

寅さん記念館に行ってきました

まあネタとしてはtwitterレベルなんだが、写真の量が膨大になってしまったのでブログにて公開します。

入り口。いきなり寅さんとご対面 (次)スタッフのおじさんに「この角度で撮ってあげて!」と言われて(^^;)
tora_1.jpgtora_2.jpg
エントランス。どきどき・・・。
tora_3.jpg

幼少の頃から第一作「男はつらいよ」で寅さんが柴又に帰ってくるまでの話を人形劇で。写真じゃ分かりずらいが14インチTV位の大きさ。
tora_4.jpgtora_5.jpg



本日のハイライト・その1 『くるまや』 撮影に使ったセットを復元。寅さん大好きな奴はきっと俺と同じ気持ちだよな。涙出たわ・・・。
tora_6.jpgtora_7.jpg
たこ社長の印刷所。(次)くるまやの模型。結構広いんだな、と感心する・・・。
tora_8.jpgtora_9.jpg
tora_11.jpgtora_10.jpg



本日のハイライト・その2 帝釈天の街並みを再現。縮尺1/3位だろうか。これはすげえ、マジすげえ・・・。
tora_12.jpg
人車鉄道の再現。鉄っちゃんとしての私は大喜びだが、寅さんの映画にこんなシーンあったっけ? とも思う・・・。
tora_13.jpgtora_15.jpg
tora_14.jpgtora_16.jpg



ここからは番外編。まずは山田洋次記念館でいいジオラマがあったので。
yamada_2.jpgyamada.jpg
続いて山本亭。寅さんミュージアムが昭和の下町ならこちらは大正ロマン。和洋折衷。これはこれでアリ。(^^;)
yamamoto_6.jpgyamamoto_1.jpg
yamamoto_3.jpgyamamoto_4.jpg
yamamoto_2.jpgyamamoto_5.jpg

ラーメンスクエア~メイド喫茶~ガンダムカフェというよくわからんツアー

友人Kと前々から行こう、と約束していたプロジェクトを昨日敢行。

○まずはJR中央線・立川の「ラーメンスクエア」というテーマパークへ向かう。
PH_392.jpgPH_391.jpg
PH_390.jpgインテリアはニューヨークのマンハッタン風、との事だが、何故ラーメンにマンハッタン? 個人的には違和感を拭えない。横浜ラー博と差別化しようとしてブッ外した、という印象を受ける(^^;) 狭くて見るところもないので早速店に入る。事前にネットで調べたら横浜ラー博のような半ラーメンはない、とブログにあったのだが、ちゃんと半ラーメンありました♪(情報が古かったようだ) とにかくこういうところではいっぱい種類を食べたいものだ。
 注:写真は半分位食ってから気付いてあわてて撮ったものもあります・・・。


PH_387.jpg1.つけめん凪
つけ麺が食べたかったのに半ラーメンではそれは選べず博多とんこつ。コクは少ないが、臭みもなく甘みの強い上品なスープ。麺は細麺で具も基本通り。普通においしい。

PH_388.jpg2.つけ麺処 桜みち
もう一件のつけ麺の店へ。ゆず・サンマ・エビ味が選べるが友人はサンマ、私はえびを選択。スープは豚骨+鶏+魚介との事だが魚介の香りが強く、且つとろみが強い(とんこつの味はあまりしない) 麺は極太。2人して唸る・・・。こいつはマジでうまい! 実際この店が一番混んでいた。

PH_389.jpg3.らーめん えんや
喫茶店で休んでから(ここだけ喫煙可) 3件目へ。私は醤油が食べたかったが、友人の強いプッシュで塩ラーメンの店へ。もともと私が塩は好きくないというものあると思うが、スープはしょっぱさが強くダシの旨みは味わえず。麺は手もみ風の中麺でこれは好み。
2人してお腹パンパンになってしまって4杯目には行けず、次の目的地へ。

○次の目的地は秋葉原・ガンダムカフェだったのだが、友人が突然「俺メイド喫茶って入った事ないんで、一度行ってみたいんだけど」と言い出す。大通りを徘徊しつつネットで調べつつ、Googleでトップにきた「@ほぉ~むcafe 」という店に入ってみた。(残念ながら店内写真撮影禁止の為、看板のみ)
PH_395.jpgPH_394.jpg
ブサイクなオタクしかいない、という勝手なイメージを持ちがちだが(失礼!) フツーにかっこいい男の子の多く、女性客もいる。2人してビールを頼むが、見回すと酒飲んでいる奴なんて誰もいない(^^;) 飲む前に「もえもえきゅ~ん♪」とかやらされてこっ恥ずかしい事この上ない(笑) 友人もとりあえず納得したらしく、1杯だけ飲んでで1時間も経たず店を出る。
数年前、別の友人に誘われて2件のメイド喫茶に行った事がある。一件はホントにフツーの喫茶店でただウエイトレスさんがメイドの格好をしている、という感じだった。もう一件はメイドさんが話かけてきたり、ゲームしたり、ポラロイド撮影したりして楽しむ店(ありていに言うとキャバクラだ)だった。今回は完全に後者。私はもう完全にオッサン化して枯れてしまったか、引きこもりすぎて若い女性に免疫かなくなったかわからんが(^^;) もうとにかくこっ恥ずかしかったという印象しかなかった。

○さて本日のメインイベント、ガンダムカフェである。
PH_393.jpgPH_399.jpg
PH_397.jpgPH_403.jpg
最初からバータイムを狙っていたのだが、まずは満席で10~20分位待たされる。中に入ってみると、もっとアミューズメント性の強い、ガンダムの世界観を体言したような空間を想像していたのだが、内装はフツーのカフェだ。また店員さんは連邦の制服のコスプレ位していると思っていたのだが、スターバックスかっ!て位フツーの格好。大画面TVでは関連グッズのCMみたいなのが大音量で流れており、雰囲気もへったくれもない。2人してかなり萎える・・・。
客層は家族連れから外人さんの団体からフツーの女の子2人組などかなりミーハーな感じ。ホントにフツーのカフェだった。
ただ料理だけはネーミングが凝っており、
PH_398.jpg「デキンの決断」(写真上の肉)「アコース、クラッカーだ!」(写真下のクラッカー)

PH_400.jpg「ギレンの冷笑」(写真上の肉)「ルナツーポテト」(写真下のポテサラ)

PH_402.jpg「赤い彗星」ってな具合である。ここだけは許す・・・(笑)

PH_401.jpgトイレの中。正面にガンダムの顔。

PH_404.jpgおみやげに買った「軟弱者せんべい(笑)」とカクテルを頼むと貰えるコースター(MS-07B つまりグフ)

結局「もうこの3つは2度と来ることはないね(^^;) という事で2人の意見は一致して、帰宅の途についた次第である。何か文句言ってるだけのつまらん日記になってしもたなぁ・・・。

ワールドカップ・南アフリカ大会 観戦記

w-c jap-camw-c jap-ora
私、サッカーはあまりよく知らないのだが、オリンピック同様、Wカップの時だけはガンバレ日本モードへ・・・。

○6/14 対カメルーン戦
サッカー好きな弟、祭好きな義弟、ヒマしてる私(^^;) 三人の思惑が一致して、実家でTV観戦することとなる(おまけに深夜なのに70歳オーバーの父も参加) 当然の如く兄弟三人は代表のユニフォーム着用である。当然である。
「ドリブルドリブル! 何でいかねーんだよ!」とTVに向かってマジ切れの弟と義弟、「うわー!」「あ゛ーっ!」「よっしゃぁぁぁっ!」とここは現地かって位オーバーリアンションの私、それぞれのカラーで盛り上がる。こういう事はバカになれる方がお得である。黙ってみている親父は楽しんでいるんだろうがそうは見えない(笑)

サッカーに詳しくない私めは前持って下調べをしたのだが、『日韓開催時を除くと』日本っていうのは2大会出場で5敗1引分け、1勝もしてないのである。おまけに前評判は代表史上最弱、ちゅーかWカップに出てること事態がおかしい位のレベルらしい(32ヶ国中31位) だから実は日本が勝つなんて全然思っていなかった。家族集合の言い訳、酒のツマミ程度に考えていたのだ。(岡ちゃん、ごめんなさい)
それが皆様知っての通り奇跡の勝利!!! しかし後半は胃がギリギリ痛い位に、見てて苦しかったなぁ。そしてホイッスルが鳴った瞬間、四人の男達は固く握手を交わし、それぞれの戦場に戻っていったのであった・・・(私除く。皆、次の日お仕事ご苦労さん)


○6/19 対オランダ戦
弟の計らいで、義弟とさいたまスーパーアリーナのパプリック・ビューイング(スポーツ競技でスタジアム等の大型の映像装置を利用して観戦を行うイベントのこと)に出向く予定だったのだが(当の弟は仕事で欠席) 義弟が知り合いに「人がすごいので、帰る時に会場出て電車に乗るまでに一時間はかかるよ」と言われたそうで、行きたくないと言い出し、結局また実家へ。

私のプランはこうだ。今日の日本-オランダは0-1で負ける。同日のカメルーン-デンマーク戦は0-1でデンマークが勝ち。そうすると日本-デンマーク戦は引分けても得失点差で決勝トーナメント進出だ!(※言い訳がましいですが、ホントにオランダ戦の前に考えていました)
といいつつも試合っぷりが実にいいので「引分けも夢ではない」と期待が高まるが・・・残念ながら敗北。いや、十分だ。俺のプラン通りだ(^^;) だいたいこの試合、K-1でいうなら自演乙とセーム・シュルトが戦うようなもんだと思うのだが(違うか)よく頑張ってくれた。特に後半は燃えたぞ!

さて次の日TVをつけるとカメルーン-デンマーク戦は1-2でデンマークが勝ちだった。おっと、点数は違ったが得失点差は「1」これも俺のプラン通りだ!!!


○6/24 対デンマーク戦
寝ます。録画して次の日見ます(^^;) な~んて思っていたのだが、そんな状況ではなくなった。深夜まで起きてて見ますよ~。
親兄弟達の動向だが、さすがに仕事とかでパスするだろうと想像していたら、実家に集合するんだそうだ。本気か? 明日(正確には今日)は終電間際で実家へ向かって、始発近くで帰ってきます。朝早くの電車で皆様スーツで仕事に向かっている中、一人で代表のユニフォーム着てたら笑えるだろうなぁ(もちろん着替えますけど)

さぁ、日本はグループ・リーグを突破できるか?! 皆も俺と一緒にリアル・タイムで応援するよな。「俺は明日仕事があるんだ」なんて言い訳は許さん(笑)
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png