バー銀座パノラマ・新宿店

今日甥(弟の息子・10歳)が遊びに来ている。今アパートで俺が買ってやった(買わされた)ゲームソフト「プロ野球スピリッツ2013」を夢中でプレイしている。先に寝る訳にも、映画やドラマを見始める訳にもいかず、こうしてブログを書き始めた次第だ。

さて今日はその甥がTVで観たという、鉄道模型のレイアウトがあるバー「バー銀座パノラマ・新宿店」に行って来た。甥ははっきり言って「鉄っちゃん」だ。まぁ私も鉄っちゃんなんだが・・・(^^;) まぁ話のネタとして、位の軽い気持しかなかったのだが、これが予想外にいいバーだったので、ここに記したい。

IMG_20130821_204049.jpg・カウンターの回りに線路(レイアウト)が引き回されている以外は、実に普通のオーセンテイックなバーだ。いや、内装・雰囲気のレベルは高いと言っていい。普通に飲みに入れる感じだ。マニアックな雰囲気でご新規さんを拒絶するような空気感はまるでないのが素晴らしい。

IMG_20130821_200253.jpg・私と甥と義弟、三人共ショーツにサンダルという軽装。ビルの下で入るのに躊躇した。また子供はお断りとか言われるんじゃないかとか。でもバーテンさんには実に親切丁寧な応対をされて一安心。バーではあるが早めの時間帯には子供連れも結構多いそうだ。

IMG_20130821_200323.jpg・鉄道模型というのは人の心を惹きつける何かがあるらしい。鉄道に全く興味のない義弟も実にいい雰囲気だと絶賛していた。

IMG_20130821_200913.jpg・甥っ子はもう鉄道模型に夢中で俺達の話も聞きゃしない(笑) 店の中うろつき回りすぎ。店員さんに質問しまくりすぎ。店員さんはフツーのバーテンさんで鉄道に詳しい訳ではないらしいからあんまいじめるな。(^^;)

・ちなみにこのスカイツリーはNゲージ1/150に対して1/1000位らしい。聞いたら「Nの縮尺だと4m近くなるそうで、諦めました。」との事だ。うん、そりゃ無理だわ。(苦笑)

IMG_20130821_201016.jpg・行ったのは20:00位だったろうか。貸切状態だったので客層とかはよく分からない。帰り掛けにサラリーマン風の団体5人位が入ってきた。嫌な感じではない。

IMG_20130821_205451.jpg・何か前にも言った気がするけど、鉄道模型を子供の遊びだと思っているのは日本位だ。欧米では立派に大人のホビーとして認識されている。「あっちに行ってなさい。これは子供のオモチャじゃないんだから!」とガキを追っ払うお父さんの図がここには見える気がする。(笑)

・写真は昔、南満州鉄道で出していたカクテールの復刻版だそうだ。こういうディテールに私は弱い。ごめん、詳細は忘れた・・・。

DSC_0021.jpg※甥はゲームに飽きて俺のレイアウトで遊んでいる。壊すなよ~。
( ̄▽ ̄;)
※ブログUP直前。もう寝た・・・。

第二次鉄道模型レイアウト~その11 KATOセントラム・黒 購入

休みなのに自宅で仕事・・・。でも飽きたので日記でもUPします。

PH_136_20110418210852.jpg待ちに待っていた、そして販売が遅れに遅れて数ヶ月経っていたKATOセントラムの黒、先日購入しました。
昭和でレトロなレイアウトを目指している私には実に不釣合いな、ぶっちゃけ入線させたくもない車両ではあるのだが(^^;) 購入したのには当然理由がある。
-----------------
この手の小型車両には珍しく、前照灯・尾灯・室内灯完備♪
-----------------
そう、見た目より夜景用の走行車両として捕らえていたのである。側面の窓も大きくて夜景に映えそうなのもいい。黒を選んだのは白や銀ではあまりに近代的すぎると感じるからだ。当然富山ライトレールは全然無理っス。
という訳で早速動画をUPしようと思ったのだが、
-----------------
暗すぎて撮影出来ん・・・_| ̄|○
-----------------
私はカメラの知識は皆無なのだが、携帯のカメラでは何ともならんこと位は想像できる。だがちゃんとしたビデオカメラならこんな薄暗い映像でも写せるものなの? まぁ買う気もないけど(笑) 仕方がないので写真だけUPしておきます。すまない・・・。
PH_143_20110418210851.jpgPH_145_20110418210851.jpg
実際走行させてみて一つ残念な事が発覚。室内灯が青白いのだ。考えてみれば当然なんだが、私としては白熱灯っぽいオレンジの灯りがよかったんだが・・・。分解して電球をオレンジに塗れば何とかなるだろうか? (分解する勇気なんてないけど)
しかし車両に灯りがともると夜景がぐんと映えるのが実に素晴らしい。当初のコンセプトであった「光と音にはこだわる」という命題は(いろいろ不満はありつつも)ここにきてついに完成を見たのであった・・・なんちて。

第二次鉄道模型レイアウト~その10 サウンド・Part.2

PH_407.jpgPH_408.jpg
1. 建物照明システムの変更
コントロールパネルにはTOMYTECの電飾キットの電池ポックスが無様にくっつけてあるのだが、こいつがいるとサウンドシステムの場所がないので、まずはこいつのAC化に取り組む。
ネットで「もけいや松原(大阪の模型屋さん)」というお店がオリジナル商品として変換コードを売っている。面倒だが通販で取り寄せる。おまけに送料代引き手数料で\1,500もかかってしまうが、ここでしか手に入らないのだから仕方がない・・・。
変更は何なく終了。これで建物の照明は3つスイッチを入れなければならなかったのが、1つになったし、電池交換の煩わしさからも開放される(レイアウト完成から8ヶ月程、たま~に電源を入れるだけなのに、既に電池交換が一回発生している)

2. スピーカーとアンプ部の取り付け
まずスピーカーのアンプ部(PC用スビーカーの中に入っていたモノ)の基盤を組み込む穴を開ける。既にコントロールパネルにはスイッチの穴がいくつか開いているのでそれを生かす方向でいくが、寸法が合わなくて大きく広げて四角い穴が空いてたりたりする情けない状態に(泣) (写真ではよくわからないけど・・・)
次にスピーカーの穴をキリで下穴を開け、糸ノコでくり抜き、ヤスリで仕上げる。途中木工用ヤスリの必要性を感じ100均に走る。100均というのは工作派・DIY派にとって天国のような場所だ。(どでかい木工用ヤスリが\105なんてマジありえねー!)(でも切れ味は悪いような気がする) ここはうまく仕上がった。

3. MP3プレーヤーの取り付け
ここもきっちりパネルに埋め込まれた状態にすれば「昭和銀座ジオラマなんて敵じゃねぇっ!」ってな造形になるのだが、他の部品との干渉で物理的に無理、表面に両面テープで貼っつけただけとなる。それはいいとしても配線がうまく処理できず、やっぱり私の目指す高級家具調には程遠い仕上がりとなってしまった(泣)
前面パネルを一から作り直すしかないのだが、そんな気力もないのでここはスルー(^^;)
PH_411.jpgPH_412.jpg
さて、配線も終わり(ハンダ付け出来ないので、相変わらずコードを捻って繋いだだけ) 特に電気的不具合もなく工作は終了。音は想像以上にいい♪ とても6cmのフルレンジ・スピーカーとは思えない。そしてMP3プレーヤーはかなり操作しにくい・・・( ̄▽ ̄;) やっぱIPODは偉大だとあらためて感じ入った次第である。
当初の目的であった「昭和銀座ジオラマ」「週刊・少年時代」に習った「光と音にこだわる」という方針はようやくここに来て達成。でも次の課題が既にある。車両の前照灯・尾灯・室内灯の完備だ。これがないと夜景がいまいちなのだ・・・。

第二次鉄道模型レイアウト~その9 サウンド

PH_382.jpgPH_385.jpg
さて久々の鉄道模型、今回サウンドの組み込みに挑戦します。

鉄道模型のサウンド(効果音)というと、DCCという何万何十万もするシステムがまず想像されるのだが、(例) http://www.youtube.com/watch?v=mjKX-3H4IyM (いや、ホントすごいですね・・・)
そんな大それたものではなく、昭和銀座ジオラマや少年時代のような、ボタン押すとただ効果音が流れるみたいなもの、別に列車のリアルな運転に命掛けている訳でもなく、ただエンドレスをグルグル回っている車両に効果音があったらもっと癒されそう・・・程度の考えなので、簡単で且つ1円でも安い方法を考える。

1. 機材購入
価格.com等を見ると今やとんでもない安値で売られているMP3プレーヤー。こいつをまずは手に入れる事にする。早速秋葉原へと出向いた。
・MP3プレーヤー(Tranceend社製 4GB) \3,190
 (極端な話、\1,000でMP3プレーヤーは手に入るが、液晶付きのほうがいいだろうと考えて)
・充電しなくてすむよう、ACアダプタ・コード等 \559
・スピーカー(手持ちの余っているPC用スピーカーを分解して使用) \0
これでは再生音源が1つしかないので走行音を鳴らしながら汽笛の音、なんて芸当は出来ないのだが、
まぁまずはこれでいいだろう。まずはPC用スピーカーをネジ外したり、ノコでザクザク切ったりして分解。

2. 音源取得
ネットを覗くと『音鉄』と呼ばれる方々がその作品(音声ファイル)を沢山公開している。こいつを拝借します。
 「鉄道サウンド~懐かしい昭和の鉄道の音」
 「国鉄時代の列車走行音と写真」
 「鉄ピー」 
 「牟岐海岸鉄道」 
あまり考えた事もなかったが、自分のイメージの中の鉄道のサウンドって結構アナクロで、発車音はベル(×電子音とか音楽とか)でないと、車内アナウンスは男性の車掌さんの声(×バスみたいな女性の録音)でないとかなり萎える。そしてそんな「昭和な」音源は意外となくて、かなり妥協して収集する。

それ以外にも聞いてなごめる自然系の効果音を入手。
 セミ 
 コオロギ 
  
 カエル 
 盆踊りの歌「東京音頭」とか「炭坑節」をYouTube~You Tube Fireで入手

3. 音源加工
あちこちのサイトから音源を拾ったので録音の音量がバラバラである。これでは再生しても小さくてよく聞こえなかったり、いきなり大音量でびっくりしたりするので、まずは「MP3 GAIN」 というソフトで音量を揃える。まぁこれはIPODの時にも使っているソフトなので馴れたもの。
次に虫系の音は10~30秒程のものが殆どでリピート再生にしてもプツプツ音が途切れてしまうので「MP3 DirectCut」 というソフトで編集して5分以上の音声ファイルにする。
さて揃えた効果音は全部で171MBしかない。MP3プレーヤーは4GB(4000MB)もあるので、BGMとして音楽ファイルをいくつか入れるが、それでも430MBにしかならなかった。何かもったいない・・・。(続く)

グリーンマックス「学校」

PH_214.jpgPH_224-1.jpg

グリーンマックスの「学校」 私の通った小学校はコンクリート作りの三階建で、こんな風景を体験しているはずもないのだが、何故か狂おしいまでの郷愁を誘われる素晴らしい出来栄えのキットである。10年程前に作った第一次鉄道模型レイアウトは、はっきり言ってこの学校を組み込みたいが為に作ったレイアウトだったと言っていい。スペースの関係で解体して新しい小レイアウト(第二次レイアウト)を作った際、大きすぎて組み入れることが出来ず(ホント学校の回りを列車がグルグル回るだけになってしまう)仕方なく別途飾っていた。勿論捨てるなんて事は出来ない。
その飾り場所であったガラス・キャビネット。元は酒蔵として使うつもりで購入したのだが、ガンプラの展示スペースに明け渡す事にした。まずは何年も放置したままのラムやらシェリーやらリキュール類を毎晩ひたすら飲んで片付ける(笑)

そしてガンプラを飾り、どかした学校は前々回購入しておいたアクリル・ケースに入れて、トイレへ陳列。

PH_218.jpg何故トイレかと問われても困るんだが、他に場所がなかったのだ。私はあまり部屋に飾りモノを置くのが好きでないのだが、これは非常に良い。丁度いいケースの大きさのおかげで以前より鑑賞し安くなったし。ただ洋式トイレなので、使用時は背中を向けてしまう体制になるのが何気に悲しかったりする(^^;) 置き場所は再検討だな。もう少し考えよう・・・。

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:50代独身。マッサージ屋を開業しています。誰に指図命令されるでもなく気楽にやってますが金はないです。(^^;)

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、ラーメン食べ歩き

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png