我が家にBDレコーダーがやってきた! の巻


前々から買おうか、もう少し安くなるまで待とうか、と
延々と悩んでいたBD(ブルーレイディスク)レコーダー。
高いけど、目つぶって、えいっ!と買ってしまいました♪

Sony BDZ-T90
・HDD 500GB
・地デジチューナー×2
(・MPEG-4 AVC対応)
(・BD-R/DL BD-RE/DL対応)
(・ダビング10対応)
※()は最新モデルならどこのメーカーもほとんど対応している。
型落ちを安く買う場合は要注意。

ずいぶん雑誌やネットのレビュー・解説を見たが
この辺のスペックが満足できるラインだと私的には思う。

本日、新宿ヨドバシカメラにて購入
\125,000 (ポイント20%還元にて実質\100,000)
価格.comでは\92,393が最低価格。
しかし通販ってのは知らない店だと二の足を踏むし、
第一、今日欲しかったんだよー(^^;)

まぁ実を言うと欲しかったのはブルーレイではない。
今持っているDVDレコーダーはアナログチューナーのみで
ゴーストやちらつきが本当に酷く、
録画した映画とか見ていて、ときどき嫌になっていたのである。
つまり「地デジ対応DVDレコーダー」が欲しかっただけなのだが、
今買うならDVDより高くてもBDだよなーと考えますた。

先程セッティングや予約設定も終わった。
明日からが楽しみであ~る♪
(前のDVDレコーダーに溜まっている数十本の映画を
消化しなくてはならないが・・・)

(写真左)箱がデカい!電車に乗って帰ってくるのが恥かしかった。
(写真右)真ん中に見えるのがBDレコーダちゃん。
表面の質感は高いが、フロントパネルを開けると結構安っぽい。

送別会 in 沖縄料理屋

一昨日、お店のスタッフの送別会で(私のたっての希望で)沖縄料理屋へ。

ゴーヤチャンプル、フーチャンプル、ソーミンチャンプル3連チャン
を皮切りに、久々に沖縄料理を食らい尽くす。
写真は言わずもがなのスクガラス。
あぁ、このいとおしく、趣のあるたたずまいはいったい何だ?!
沖縄料理はマジ最高です。
 (もっと写真撮っておけばよかった・・・)

「あたしゴーヤ食べられな~い♪」というふざけた輩もいたが(爆)
とどこおりなく宴は進んだのであった・・・。
あ、Mさま、「高嶺」はなかったけど、
「八重泉・黒真珠」は飲んだ。うまいよ~っ (^^)V


え~、この後が最悪でして、カラオケに雪崩れ込んで朝までコース。
何で最悪かというと、記憶飛び飛びで暴れた(らしい)この俺が最悪。
(^^;)
コードギアスとかガンダムとか
Sarah Brightmanの「Time To Say Good-by」とかを
歌っていた(ような覚えがある)

更に最悪なのは次の日に目が覚めたのはもう夕方だった。
せっかくの休みが台無し・・・。
あ~、もう俺、酒やめた~っ!!!(←絶対ウソ)

蟹工船 再び


前回の話には続きがあるのだ。

今度は映画(1953年公開)だ。
何とYOU TUBEに全部UPしてあった!何てありがたい・・・。

http://jp.youtube.com/results?search_query=kani-kou-sen&search_type=&aq=f

実は昨日の夜中にこれを見つけて見始めたのだが、
イントロのあまりに重々しく、重厚な雰囲気に気圧され、
「これはアルコールしこたま飲んで、呆けた頭で見るのは無礼である」
とそのままパソコン閉じて寝た。
そして本日仕事から戻って早々にシャワーで身を清め(笑)
鑑賞開始。先程見終わった。
前々回の「PC画面のTV出力」が大活躍であーる。(^^)v

クライマックスは原作小説とはずいぶん違う。
これはこれで素晴らしい。
ちゅーか個人的にはこっちの方が好きだ。
蟹工船が気に入った人はとりあえず押さえておくべきだと思う。
ちなみにDVD化されてるようだ。欲しいカモ・・・。

PS. 写真はPC画面をデジカメで撮ったものだが、
2番目の写真、右から三番目の「中井」さんの上、
人の顔が写ってません? ( ̄▽ ̄;)

蟹工船


話題の蟹工船を読んでみた。

ネットでちょっと検索したら、何とWEB上で無料で読めるのだと知った。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000156/files/1465_16805.html
(詳細は調べてないが、携帯でも読めるようだ)
おまけにマンガも無料。これにはびっくり。
http://www.takiji-library.jp/collection/read/kanikousen/kani_cmc.pdf

小説は方言や聞き知らぬ用語の多さ、比喩を多用する独特の文体など、正直読みにくい。
しかしマンガを読むよりは小説をオススメする。
労働者達の恐ろしく過酷な労働環境の描写が、マンガでは弱い。
(まぁ、そんなん画に出来るかっ、というエグいシーンもあるから)

当然今のワーキングプア問題とは、時代も状況も違うのだが、
あの世界に今の自分達を重ね合わせてしまう気持はわかる。
(ただ後半の左翼的思想にはイマイチ馴染まんがの~。)

まだ未読の方がいたら読んでみてはいかがだろうか。タダだし・・・。
小説は2~3時間、マンガは30分で読めますゾ。


※知ってる方にはいまさらな蟹工船の解説
 小林多喜二作、1929年に発表、プロレタリア文学の代表作とされている。
 ロングセラーであったが2008年に入って突然売れ始めている。
 ブームのきっかけとなったのは、毎日新聞1/9朝刊に掲載された高橋源一郎さんと
 雨宮処凛さんの格差社会をめぐる対談で、雨宮さんが
 「『蟹工船』を読んで、今のフリーターと状況が似ていると思いました」
 と発言したことによるらしい。

※おまけ
 精神科医の香山リカさん(『蟹工船』読書エッセーコンテスト審査員を務められた)
 「低賃金や重労働にあえぐ若者の多くは『こうなったのは自分のせい』と思い込んでいる。
 自己責任論の高まりや非正規雇用を正当化する社会の仕組みが“おとなしいフリーター”
 たちを生んできた」と分析した上で『蟹工船』に関心が寄せられる理由をこう解説する。
(以下略)

PC画面のTV出力


自作のデスクトップPC(モニタ15インチ)の画面を37型プラズマTVに出力しようとして、
うまくできなくてしばらく放置していたのだが、本日再試行。

前回はグラボの端子のうちDVI出力を使って、
DVI⇒HDMI変換ケーブルでTVと繋いだのだが、
今日フト思いつき、S端子ケーブルを買って繋ぎ直してみた。
何度か設定を変えてみること数時間、成功しましたっ♪♪♪

何? 言ってるかちんぷんかんぷん?
これがどういう事かというとだなぁ!
今までPCのちっちゃい画面で顔近づけてみていたYOU TUBEとかの動画を
大画面TVでソファに背もたれて鑑賞できるってことだぁぁぁっ!(歓喜の雄叫び)

画像の荒れが心配だったが、まぁまぁ見れる。
ちょっと質の悪いビデオテープ位だ。
これで毎晩のアニメ鑑賞も快適である。

最近はボトムスのOVA鑑賞中・・・。
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png