このくだらない世界に舞い降りた、ささやかな奇跡


(ちょっと前に知った話題だが、日記を書けずじまいで旬な話でなくなっちゃったなぁ)

YOU TUBEにおいて世界中で驚異的な勢いで視聴されているコンテンツがあるそうだ。
イギリスの「ブリテンズ・ゴット・タレント」という番組に出場した
 (日本でいう「シロウト隠し芸大会」みたいな感じか)
「スーザン・ボイル」という女性のパフォーマンスだ。

47歳、独身、求職中、猫と二人暮らし、男にキスされた事もなし、
「箱入りだから」と自虐的に笑う姿が辛い・・・。
ぶっちゃけ見た目も冴えなくて、(英語はわからんが)訛りもきつい。

審査員達はイジワルで「プロの歌手になるのが夢」と語る彼女に
「まだ実現していないのはなぜか?」なんて酷い質問をする。
完全にバカにしきっているのは顔を見れば明らかだ。
しかし彼女の歌が始まると、彼らの目の色が一変するのであった。

歌は心【完全版】/スーザン・ボイル (日本語字幕つき)

しかしこの「レ・ミゼラブルからの『夢やぶれて』」という歌は素晴らしい。
「私は夢見る あの人が 共に人生を歩んでくれると」
「でもかなわない夢もある こんなはずじゃなかった」
「こんな地獄で暮らすとは こんな哀れな姿で」
ここでも涙がちょちょ切れる・・・(^^;)

自分の間違いを認め、素直に彼女を称える審査員達のコメントも見ていて清々しい。
「貴方が登場した時皆鼻で笑いました。でももう貴方を笑う者など一人もいない」
「恐れ入りました。ただただショックです」
「その歌声を聴けて、私達は幸せです」
このようにスーザンの歌が素晴らしいのは勿論だが、
彼女の登場から賞賛の嵐までのストーリーが私を泣かせるのである。

ちなみに同じような例で「ポール・ポッツ」という人が前に出ているのだか、
内気で、自信なさそうで、しゃべりはどもりまくりの冴えない彼の歌はスーザン以上か。

http://labaq.com/archives/50811792.html

リンク先の 1.予選編 → 2.準決勝編 → 3.決勝編 → 4.発表編  全部見るべし。

よ~し!今夜も映像見て、思いっきり号泣してから寝るぞ~
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png