ドラゴンゲート 「BATTLE OF TOKYO 2010」


本日プロレスの試合を見て来ました。友人(元会社の同僚にして元プロレスラー)からタダ券あるよ、と言われて一も二もなく参戦を決定。但しプロレス好きな友人が周りにいない為一人で出立する。お一人様上手にも程がある、って感じである(笑)

場所は新木場の1stRINGというところで、普通はホールとか体育館でやるもんだが、ここはリング常設の格闘技中心のイベントホールらしい。こんな場所があるんだー。そして席は何と前から5列目だった。(といっても一番後ろでも8列目だが)
----------
リ、リングが近い!
----------
プロレス観戦歴30年を数えるこの私であるが、実はTV観戦が殆どで会場に足を運んだのは新日・全日・FMW等で5回程、それもずいぶんと後ろの席ばかりだったので、これだけで興奮が高まる。(そりゃリングサイドの席なんて高くて買えませんて)
実際試合のほうも迫力満点で、ぶっちゃけ知らない選手ばかりだったけど大変満足したのであった。場外乱闘が目の前に来て私はすぐ逃げたのだが、私の列の人は皆座ったままだった。どうやらファンの人は5列目までは来ないと判っているみたいだ。ちょっと恥ずかしい・・・(^^;)

もう一つ感じ入ったのは客層が若い女性(皆オサレでなんちゅーかマニアっぽくない)が非常に多い事。半分は20代女性ではなかろうか。プロレスなんてTV放映も減って、完全に斜陽産業と化していると思っていたが、こうして地味に着実に根付いていってるんだなぁ、なんて思った次第。嬉しいゾ私は。
そりゃ有名アーティストのコンサートにも行きたいけど、ライブハウスで音楽を身近で感じるのもまたいい・・・。

※私の印象に残ったのは戸澤選手、フィニィッシュのジャーマン・スープレックスは素晴らしかった。

キャピタリズム~マネーは踊る~

マイミクのG氏の日記より勝手にリレーする(^^;)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1386771729&owner_id=6041254&comment_count=3

先日G氏より「今日マイケル・ムーア監督の最新作の映画を見に行かないかい?」と誘われるものの、前日寝つけなくて朝方に布団に入った為(半分寝ぼけたまま)パスしてしまう。本日仕切りなおしで一人劇場に足を運んだ。映画館なんていったい何年ぶりだろう・・・。

「華氏911」「シッコ」など毎度興味深いテーマを提示してくれるが、今回のテーマは資本主義。現在のアメリカの新自由主義⇒拝金主義⇒すさまじい搾取社会の実態、を糾弾しまくっている。
・サブプライムローン(低所得者に向けて家を担保にお金を貸す)は詐欺同然の高利貸しが実態であり、家を強制退去させられる人々が次々と映し出される。
・真面目な労働者達が会社の都合で突然勝手に大量解雇される(解雇予告とか一ヶ月分の給料支払とか何もなし)
・航空自由化の為パイロット職はファーストフードの店長より給与が低い(皆バイトしている)
・アメリカの頭脳とも言えるエリート達(研究とか開発とかで世に誇る偉業をなすであろう人々)は、今ウォール街で金融商品を作っている。その金融商品というのは専門家でもちゃんと説明できない程難しい(訳のわからん)ものらしい。
・大企業が従業員に無断で生命保険をかけ、受取人になっている。
いや、今の日本も酷いがアメリカはここまで酷いのか、と愕然となる内容。いや~勉強になる。見といて良かった・・・。

後半監督は「資本主義よりも民主主義を」と訴えるが、資本主義は経済、民主主義は政治の形を表すものなのでちょっと違和感を感じる。たぶん監督は社会民主主義的なものを指向しているのだろう。これは全くもって賛同する。日本も政権交代したから良かったが(正確には麻生政権で既に軌道修正されていたが)小泉政権の目指す先はこんな未来だったのだ。恐ろしや恐ろしや・・・。

40代の転職活動・4 再開すれど・・・

(これまでのあらすじ)
9/末 退社。10日間遊ぶ。
10月 転職エージェント・人材紹介会社、計6社に登録。⇒玉砕
    転職サイトの検索。⇒成果なし
11月 遊ぶ (^_^;)
12月 遊ぶ ( ̄▽ ̄;)

2ヶ月遊んでしまったのは「師走の忙しい時に求人募集している会社なんてロクなもんじゃないだろ」という考えからだが、正直それは自分への言い訳だと自分でもわかっている。正月が明けてからは気持を入れ直して仕事探しを再開する。と言っても家のPCの前で転職サイトで検索をかけているだけだが・・・。他にもハローワークのサイトを見たり(ハローワークは混んでいるので)直接会社のサイトで求人状況を見たり、いろいろやっている。
ま、昼までには起きる⇒午後はPCで仕事探し⇒18:00過ぎたらビール飲んでよし(笑) 当面この生活を続けますわ。

○1/8は失業保険の手続きの為、ハローワークへ出頭。私は8年前にも会社を辞めて失業手当を満額貰っているのだが、今回ずいぶん支給が減っていてびっくりした。
       8年前  今回
支給日数 150日   90日 (勤続年数が違うが、条件を合わせても30日減っている)
支給額  給与の6割 5割  (よって給料は上がっているのに支給額は減った)
支給は3ヶ月後からなので最初から貰う気はないのだが(それまでには再就職するから)それでもちょっと焦る・・・。

○出頭ついでに一つ良さげな求人があったので(ちなみにシステムの仕事だ)紹介状を貰いにいく。窓口めちゃ混みで40分待ち。担当者が手続きしてくれたところ、曰く「1名の募集に対し既に36名の応募があったもので(ちなみに掲載されてから2日)35歳以下に絞る、と相手先の企業が言ってますので、書類を送っても無駄になると思いますが・・・」と言われた_| ̄|○ 仕方なくそのまま引き下がる。どうも条件の良い求人にはなかなかありつけなさそうだなぁ・・・

トホホな年末年始

あけましておめでとうございます。

○以前日記に書いた通り、実家で「東京マグニチュード8.0」の上映会をする為にわざわざBDプレーヤーを購入したのだが、年末そいつを担いで電車で実家へ向かう。
ところが「上映会、東京マグニチュードをやるんだって? あれネットの評価めちゃくちゃ良かったね~。オヤジにも話したらすっごい楽しみにしています(メール原文そのまま)」などと言っていたくせに、今日は年末特番を見るだの、今日はもう寝るだの、何日経っても一向に『見ましょう』という体制にならない。そのくせBDプレーヤーはくれくれという(3人がかりで)
あ・の・な、おまいら再生するブルーレィ・ディスクなんて一個も持ってないだろ。月に何枚も映画ソフトを購入するとかならまだ分かるがそれもないだろ。ちょっと不機嫌になりながらも我慢してダウンタウンのホテルマンなどを一緒に視聴する。私はバラエティ番組があまり好きくないのだ・・・。

○一泊二泊ならともかく、今回一週間も滞在したのは失敗だった。いろいろ文句・要求がエスカレートしてくる。食事の後、自分の食器は自分で洗えとか、服洗濯しといてやったから自分で干せとか、洗面台に髪の毛が落ちてて汚いとか、トイレの後が臭いとか(知るか!) 思わず「俺は客だぞ!」と言ってしまったが、意味が通じなかったようだ。
私はいろいろ我慢している。タバコは玄関の外に出て吸うし、TVのチャンネル権も主張しないし、お風呂をいただくのは一番最後だ(笑) だいたい実家ったって俺の部屋(or客間)なんてないしな。生活者としての権利を主張していないのだから、義務を果たすいわれもない、というのが私の考えだが何かおかしいかい? 

○妹夫婦は部屋に引っ込んで、私が居間でぼんやりTVを見ていた時、親父がやってきて説教が始まる。「仕事で一番大切な事って何だ?」「○○とか○○とか」「違う! では今世の中で必要とされている仕事って何だ?」「○○とか○○とか」「違う!」おいおい、前の会社の社長かよっ、と思って相手していて次の一言が
「お前は自分に対して甘すぎる。だから今回こんな目に会ったんだ!」
さすがの私も頭に血が昇ってしまい睨みつけたまま沈黙する(私は口喧嘩が下手だ。カッとすると頭が働かなくて言い返せなくなる) その後も「これからはエコ産業だ」などとタメにもならない話を長々と聞かされ、だんだん空しくなってくる。そして次の日私はアパートへと戻った・・・。

もうストレスが溜まるだけなので、当分は実家には近寄らないようにしよう。そういえばもともとボクってば親兄弟とは折り合いが悪かったんだったっけ(^^;)

(写真)アパートに戻ってとりあえず鎮座ましましたBDプレーヤー。まるで望まれていないのにグリーンゲイブルスに養子に行った赤毛のアンである。お前はここにいていいんだよ・・・。

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png