オリジナル・ガンプラ その8 M0-09R リック・ドム

PH_226-1.jpgms-09r.jpg
他の日記のネタに押されて間が開いてしまったが、日々粛々とガンプラ作りは行っていた。今後次々と投下の予定。

さて第二段はドムである。ベースはMGリック・ドム(ドムかリック・ドムかはあんまこだわりなし)であるがどう料理しようか。前回グフについては熱く語ったが、ドムは別にないです(笑) いやいやドムが嫌いとかじゃなくて、イジるところがない・・・。ま、今回はカラーリングの変更だけでいく事にする。
当然黒い三連星カラーでなく、ジオン量産カラーに塗る訳であるが、ザクカラー(グリーンの濃淡)は「0080」のリック・ドムⅡで既に採用されているので、
14866.jpgゲルググ・カラー(グリーン+グレー)に塗り分けしてみる事にした。MS開発史的な流れもいろいろ自己妄想で考えているのだが、順番に並べてみるとこれでしっくりくるはずだ。具体的な塗り分けをどうするか結構迷って、ヒントを貰いにいろいろネットで画像検索する。肩・胴回りは黒、手足はグリーンという塗り分けの作例はいくつかあるようだ。これもかっこいい・・・。
結局、腰のバンド部分(何て呼べばいいのかわからん)は塗り分けする作例しか見つけられなかったのだが、えいっ、とスカート部分と同色のグリーンにする。組み上げてみると意外とイケているようだ。またモノアイ周辺部分は赤のままの場合が殆どのようだが、ここをグリーンにした事で俄然兵器っぽくなったと思うが如何だろうか。

PH_225-1.jpgPH_228-1.jpg
改造は唯一好みでヒートサーベルを背中に斜めに構えるより、ドム・トローペン、リック・ドムⅡ風に縦にホルダー位置を変えてみた。のだが、肩アーマーに干渉して保持部分がびろんと開いてしまう情けない状態に・・・てか作りなおせよ、俺。改造はよく吟味してからしましょうね。ビーム・バスーカは使うのが勿体無いので(笑) Z世代のMS(リック・ディアスあたり)に持たせようと思い温存した。

工作は数年ぶりのガンプラだった前回よりとどこおりなく進んだが、組み立てに気持が急いてしまい、スミ入れを忘れてしまいました(^^;) もう水性のつや消し吹いてしまったので、もーいいや、とそのままに。あとデカールは今だに苦手。何個もつぶしてしまった・・・。
PH_232-1.jpgPH_234-1.jpg
スポンサーサイト

鎌倉~江ノ島 相変わらずの食い倒れ&飲みまくり

いつものマイミクのA氏チームでの小旅行、今回は鎌倉~江ノ島を練り歩くの巻。

●鎌倉(卵焼き)
PH_241.jpgPH_240.jpgPH_242.jpg
運良く昨日までの雨がうって変わって快晴となった5/21、昼過ぎの湘南新宿ラインに宇都宮・池袋・新宿等々から順次メンバーが合流し、鎌倉へ到着。ひと通り街をブラブラしてから(遠足や修学旅行なのか、昼すぎからものすごい人盛りで辟易) 卵焼きの「おざわ」へ。私はビールと卵焼き(¥600)と野沢菜のおやきを注文。
PH_243.jpgPH_244.jpgPH_245.jpg
う、うまいっ! ふわふわで且つ出汁たっぷり、それにすごい厚みとボリューム。断面が通常の卵焼きのように層になっていないのだがねどうやって作るのだろう・・・。昼から大満足した後、会議が終わって直行したYちゃんと合流。

●江ノ電
PH_247.jpgPH_275-1.jpgPH_276.jpg

PH_277.jpg実は私、江ノ電にのるの初めてなんです。車窓に目をやると、住宅や垣根がすぐそばに迫っていて、まるで草原か洞窟の中を走っているよう。建築限界はどうなっているのか、近隣から騒音の苦情は来ないのか心配になる・・・。海を窓たっぷりに見たり、路面軌道に入るところなどの名所を、一人騒いで堪能する。私は撮り鉄でも乗り鉄でもないが、江ノ電となると話は別である。

江ノ島駅につくと、ホームにNゲージのレイアウトが。
PH_248-1.jpgPH_249-1.jpgPH_250-1.jpg

PH_251-1.jpg皆を引き止めてカメラ取りまくる。本当は小一時間位この前に佇んでいたい位だ(^^;)


●江ノ島(しらす丼)
PH_253.jpgPH_255.jpgPH_258.jpg
ひたすら歩いて海を渡って江ノ島へ。そしてエスカーに乗って頂上へ。いちおう流儀に従ってお参りする。私の願いは当然「仕事、よろしくお願いします」だ(笑えない) 頂上の「江之島亭」でまた食事。かつて寅さんシリーズの撮影にも使われたという眺望が素晴らしい店だ。地ビール、生しらすと釜揚げしらすの二色丼、焼きはまぐりを食す。
PH_260.jpgPH_267.jpgPH_273-1.jpg
釜揚げしらすとはどのようなものかと思ったが、普通に売っているしらすとだいたい一緒だった。生しらすはもうホント旨すぎです。生しらすだけの丼にすべきであっさ。地ビールは茶色のビンで亀のイラストの方はおいしい・・・。
帰り道、行列して「たこせんべい」を買う。焼きたてはえらくうまい!
PH_261.jpgPH_265.jpgPH_268.jpg

PH_266.jpg

●ぬこ
それにしても江ノ島にはぬこが多い。店先で、境内のど真ん中で、もうあちこちでまったりしている。おそるおそる触ってみるが、全然平気。よく馴れている。ウチの近所のぬこと違って、追っ払われたりした経験がないのだろう。幸せなぬこ達よのう・・・。
PH_257-1.jpgPH_259.jpgPH_269.jpg

PH_271.jpg

●池袋で飲み
都内に舞い戻って飲む。「穂乃香」という(一部店舗でしか飲めない限定の)ビールを飲もう、という計画だったが、残念ながら満席。これでは前回の二の舞でどこの店にも入れずうろうろする事になりそうだったが「よかとん酒場」という店に何とか落ち着く。店頭はカウンターのみの店に見えるが、奥はかなり広い。雰囲気もいわゆるレトロ風の落ちつける感じで良かった。
それにしてもこのメンバー、よく食う。鳥の唐揚げとかジャンボレバカツとか20代の面子の飲み会のようなメニューが卓に並ぶ・・・(^^;)

先週マイミクのMさんが仕事で石垣島からやってくる、というイベントがあったのだが(百貨店の物産展で沖縄そばを出していた) 写真を取り損なってしまった。その反省の気持があったのか、今回はカメラ小僧と化してよく写真を撮った。これからもこ調子でがんばろう(何を!)

グリーンマックス「学校」

PH_214.jpgPH_224-1.jpg

グリーンマックスの「学校」 私の通った小学校はコンクリート作りの三階建で、こんな風景を体験しているはずもないのだが、何故か狂おしいまでの郷愁を誘われる素晴らしい出来栄えのキットである。10年程前に作った第一次鉄道模型レイアウトは、はっきり言ってこの学校を組み込みたいが為に作ったレイアウトだったと言っていい。スペースの関係で解体して新しい小レイアウト(第二次レイアウト)を作った際、大きすぎて組み入れることが出来ず(ホント学校の回りを列車がグルグル回るだけになってしまう)仕方なく別途飾っていた。勿論捨てるなんて事は出来ない。
その飾り場所であったガラス・キャビネット。元は酒蔵として使うつもりで購入したのだが、ガンプラの展示スペースに明け渡す事にした。まずは何年も放置したままのラムやらシェリーやらリキュール類を毎晩ひたすら飲んで片付ける(笑)

そしてガンプラを飾り、どかした学校は前々回購入しておいたアクリル・ケースに入れて、トイレへ陳列。

PH_218.jpg何故トイレかと問われても困るんだが、他に場所がなかったのだ。私はあまり部屋に飾りモノを置くのが好きでないのだが、これは非常に良い。丁度いいケースの大きさのおかげで以前より鑑賞し安くなったし。ただ洋式トイレなので、使用時は背中を向けてしまう体制になるのが何気に悲しかったりする(^^;) 置き場所は再検討だな。もう少し考えよう・・・。

部屋の模様替え・2 男の浪漫~工作スペース

前回の続きで男のロマン(笑)工作スペースについて語る。以前は押入れの上段がそれに類するスペースだったのだが、塗装ブースが欲しい⇒排気の為に窓際になければダメ、な訳で新設する事になった次第である。『低く暮らす』がモットーなので、椅子掛けのデスクより文机。

PH_220.jpg●塗装ブース
市販の塗装ブースはだいたい¥10,000~¥20,000位するんだが、ネットを徘徊していると何と¥3,980という激安商品を発見♪ 店頭では見かけたことがない(ナカミチ スプレーペンチレレーション SPV-75) ソッコー購入する。フードがダンボール製らしいが別に気にしない。
さて到着してからドキドキしながら組み立ててみる。電源を入れてみるとものすごい爆音。「こりゃ使えねー」とホトホト落ち込むが、いろいろネットして調べていると、掲示板で「本体に取り付ける前は静かなんだけど」の一文を見つけてハタと気付く。確かに分解してファンの部分だけで作動させると静かだ。結局本体のダンボールが歪んでいて、ファンにこすれて大きな音を出していたというオチだった。直前まで「安物買いの銭失いだったー。捨ててやるー」って思っていた。危ない危ない・・・。

●コンプレッサー
安いけど音のうるささが非常~に気になる「タミヤ・スプレーワーク ベーシックセット」防音対策をしようと、ハンズで防音材を購入してくる。値段もピンキリで効果の程もよく分からず、悩みに悩んでそこそこ安いのを購入してくる(ゼトロ吸音シート、吸音と遮音共に効果があるそうだ)

PH_216.jpgカッターでサクサク切って、ただコンプレッサーが入っていた箱の内側にベダベタ貼り付けて密封する。劇的に静かになった、というまではいかなかったが何とか我慢できるレベルにはなった。もっと本格的に木の箱とか作れば更に静かになるのだと思うが、お気軽モデラーの私としてはあまりお金を掛けすぎるのも本末転倒であろう。
※スプレーワーク ベーシックセット(ACアダプタ込)¥11,242 防音材 ¥2,310 計¥13,552
静かと言われるL5を買ったとすると¥30,000~¥40,000はするので、全然お買い得ではある。
ふっふっふっ、写真ではわかり図らいが、左手机に固定してエアブラシ・スタンドの横にはコンプレッサーと塗装ブースの電源スイッチもあり、手元で操作できるのだ。

さぁ、これで面倒くさかった準備・後片付けもせず、天気も気にせず部屋の中で塗装出来る環境が整った。ガシガシとガンプラ作っちゃうぞ~!!!


部屋の模様替え・1

私の部屋はもう10年以上~2つ前のアパートの時から、全く同じ家具の配置である。動線も使い勝手も完成されていて、これ以上いじりようがないのだが、今のアパートでは間取りの関係で2つ程不満がある。
 ・洋服のラックで一番大きい窓が塞がっている
 ・物入れが折り戸なのでベッドに引っかかって空けにくく、活用出来てない。
今までは仕事から帰って寝るだけ、休みの日もひたすら寝るか(笑)ちょっと元気なら出かけてしまっていたので、部屋の日当たりなんて別にどうでも良かったのだ。しかし今は部屋で何かしている事が多いので、日差しが差し込まないのは人として寂しい(^^;) 第一ちょっと暑い時には窓開けて風通しくらいしたい! 
もう一つの欲求として模型製作用の机と塗装ブースが欲しいっ!(男のロマンである。分かるだろ?)ってのもあって、しばらく前から模様替えの構想を練っていた。わざわざエクセルで平面図を作って検討する、という気合のいれようである・・・。


んでGW前にこれでいこう!って決めて必要な家具などを買い集める。結局全部「楽天」で購入。
・文机(¥8,800 安い! 最初安さと雰囲気を求めて古道具屋を回ってみたが、3万以上が相場だ)
・ロールスクリーン(180cm×180cmで\3,990。ニトリの通販なんだが近場のホームセンターでは¥9,000位。安すぎる!)
・塗装ブース(¥3,980)
・アクリルケース(¥4,160)
GW明けに商品が揃っていざ模様替え開始。一番大変なのは洋服のラックの移動。天井へのつっぱりポールで支えているので、服を全部どかす手間と(部屋は足の踏み場もなくなる) ポールの位置決めのめんどくささ。半日経過。超汗だく。
次に大変なのは配線。はっきり言って電源タップが部屋の全周に引き回されている状態なので、ちょっと位置を変えるとコードの長さが足りなくなったりして、夜に西友に買いに行ったりするはめになる(試しに調べてみたら必要なコンセント数は22個、部屋のコンセント数は6個だ。うへっ!)
結局3日かかって何とか落ち着けるようになった次第である。俺、お疲れ・・・


さてさて我が部屋は1Fで、且つ回りは近隣の建物がすぐ側に迫っている状態に関わらず、昼間は日が差して明るくなりました。ロールスクリーンを開けていると、隣の庭の緑が眩しい・・・。ぬこ観察も容易(^^;) 物入れの前も空けたし工作スペースも新たに確保。結局は配置が左右入れ替わっただけなんだが、これがどうにも居心地が悪く落ち着かない(^^;) 慣れるのかしらん・・・。


月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:50代独身。マッサージ屋を開業しています。誰に指図命令されるでもなく気楽にやってますが金はないです。(^^;)

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォン。

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。