跳ね上げメガネ

eyegrass.jpgスマホ用のテンプレート設定に手間取って、日記を書くのは久々になってしまいましたわい・・・。

私はド近眼である。視力検査で一番上の「丸」が見えず、一歩また一歩と前に進むという屈辱を味わった青春時代であった。中学生の頃からメガネをかけていたが、当時は「ネガネ男子」なんて概念もなく、メガネをしているのがとても恥ずかしかった記憶がある(昔のアルバムを見てもメガネをかけている写真が非常に少ない) そんな自意識過剰とコンプレックスに悶々とする「ふっふっふっ、若いな」という少年時代の私であった訳だが、何とこの歳になって、もっと悲惨な目に合うとは予想だにしていなかった。

-----------------
最近近くのものが見えないんですけど・・・( ̄▽ ̄;)
-----------------

目の調節機能が弱まっているのではと考えられる。いや、断っておくがこれは老眼ではない(^^;) ストレスだなストレス。携帯の画面を見る時とかPCで入力している時とかが特に酷くて思わずメガネを外してしまう。実際仕事にも支障をきたす程だ。

何とかせねばと着目したのが『跳ね上げメガネ』である。レンズの部分がパカッと上げられる。昔スキー用に跳ね上げ部→サングラス、手前→透明な近視用レンズというのを作った事がある。メガネの上からゴーグルより快適だった。要するに跳ね上げ部→透明な近視用レンズ、手前→レンズなし にすればいいわけだ。遠近両用レンズ? そんなもん私の自尊心が許さないのだ。何と言われようがあんたとだけは絶対死んでもイヤ。

さてネットで下調べしてみると置いてある店が殆どない。おまけに今風のおしゃれなフレームも少ない。更におまけにメタルフレームかナイロール(半分フチなしのやつ) ばかりでセルフレームはない(私はメガネの扱いが雑なので丈夫なものがいいのだ) 近場の店を数件回ったがどこにも在庫はなかった。でネットで調べて某西荻の店に行くが、メガネ一つで約5万円・・・無理。そしてわざわざ調布まで出向き、調布メガネセンターにて1つしつらえてきた。今時メガネなんて1万円で買えるご時世だが、こういう特殊な条件なので仕方ない。23,300円也。

さて使用感であるがこれがかなり快適である♪ ちゅーか満員電車の中でメガネ跳ね上げてたらチョー目立つし、あいつ老眼か?と思われても仕方ない、と後で気付いて恥ずかしくなったが数日で馴れた(^^;)
という訳でとりあえずは買って良かったと思う。これからは「跳ね上げメガネ」の地位向上と発展の為、日々啓蒙活動に勤しむ所存である。ご傾聴ありがとう。

・・・最後にもう一度言っておくが、私は老眼ではない。
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png