やっと重い腰を上げてシリーズ⑤ 洋服の整理と処分

wardrobe_1.jpgwardrobe_2.jpg※普段はシーズンオフの洋服はビニールのカバーをかけているのだけれど撮影用に全て外してあります。

世の女性達は買い物をすることでストレスを発散すると聞くが、私はその逆でモノを捨てることで快感を得る。身の回りに余計なモノを置いておきたくない。俗に言うシンプルライフとか断捨離とかいうやつですな。私は「モノを捨てたい病」と呼称している。

考えてみれば日々の大半を仕事着(GUのポロシャツとチノパン)と部屋着で過ごしていて、お洒落着なんて月に1回あるかないかの飲み会の時に着る位。スーツなんて今の仕事についてから5年間1回も身につけてない。毎日同じ服を着ている訳にはいかない洋服屋時代、スーツで出勤していた時期があるマッサージ屋時代のそのままの在庫が残っているんだな。それに年に1回も袖を通さないTシャツが沢山あるのに部屋では穴のあいたTシャツを着ていたりして・・・。そいつらを部屋着に回せば普段の生活のレベルアップにもなる。 よし、徹底的に整理・処分しよう!!!

といいつつ、そのお洒落着っていうのはかなり思い入れのあるorいいモノなので、ちょっと袖を通してみては思い留まってみたりしてかなり精神的エネルギーを消費するプロセスではあった。せめてこの場でそれらのアイテムを紹介する事で心の慰みとしたい・・・。

○アロハシャツ
wardrobe_3.jpgwardrobe_4.jpg特に右の2点は東洋エンタープライズのレプリカで実にいいものなんだが如何せん全く着ていない。派手で袖を通すのに気合いがいるというのもあるが、汗っかきになってTシャツの上にシャツを羽織る気がしないというのが大きい。

○Levi's Gジャン・ファースト
wardrobe_5.jpgLevi's製レプリカ。好きな形ではあるのだがもっぱらセカンドの方ばかり着ているので。

○以下3点は冬物のショート丈なのだが真冬になるとハーフ丈にいってしまい殆ど着ていない。もう一度言うが良いか悪いかではなく着てるか着てないかである。

・B-15A
wardrobe_7.jpg中田商店製。襟ボアが茶色、オフセットされた前ジッパー、三角タブなど、B-15シリーズではこのタイプAが一番キュートだと思っているのだが(CとかDとかはまんまドカジャンだよな)自分が着てみても何かこうしっくりこないというのはあった。

・B-15D(Mod)←MA-1ではない!
wardrobe_6.jpgバズ・リクソンズ製。生地の厚み・色合いといい、インナーは中綿でなくウールパイルなのでずしりとした重みがある点といい、ジッパーなどのこだわりのディテール・縫製といい、アルファのMA-1なんかとは「レベルが違うんだよ、レベルが!」と吠えたくなる程の至高の一品。手放したくはないんだが・・・。

・B-3
wardrobe_8.jpg中田商店製。普通のB-3は別にかっこいいとは思わないが初期型は別だ。シープスキンとカウハイドのコントラストが美しい。電車に乗ると暑くて脱いでしまうという凄い保温性。やっぱ着てて重いというのが羽織るのを躊躇う理由かなぁ。そりゃダウンの方が楽だ。

○ジーンズ
wardrobe_9.jpgwardrobe_10.jpg
全部で8本あるんだがウエストの大きいのを3本残して(苦笑)あとは処分。たまたまなんだが残ったのは全てリーバイス製となった。しかし見れば見る程手放すのが惜しい・・・。全てレプリカ。左上から
・Lee 101 1936年モデル ヘアオンハイドと呼ばれる毛がついたままのレザーパッチがワイルド。ポケットのステッチもホースマークステッチじゃない。ボタンの刻印はLee RidersではなくてLee cowboy。 
・Lee 101 1942年モデル ポケットのステッチがこれまた珍しい。ボタンの刻印は月桂樹。大戦モデルだからね。
・Lee 101 1946年モデル クシャクチャに縮んだ皮パッチ。そして激レアな片耳セルビッチ。
・Levi's セルビッチついてないのでちゃんとしたレプリカではないけれど、バックポケット1つ、サスペンダーボタンとベルトループが共存、バックシンチ付きと超マニアックな一品。
・Wranglar 11MWZ 1964年モデル タロン製ジッパー、ゴールドのセルビッチ、ヒップポケット裏の布当て等渋いディテール。

・軍チノ2本は全くはいてないので勿論処分。A-2着る時はジーンズよりチノの方が絶対かっこいいとは思うんだけどね。

○ベルト
wardrobe_11.jpgデブってしまって一番手前の穴にギリ通るか通らないかのレザーベルト達。何で取っておいたんだろう。いつかは痩せるとでも思っていたのか?(苦笑) 妄想じゃ、それはおぬしの妄想じゃ。という訳で全て処分。

スーツやドレスシャツは仕事着=作業着だと思って安物を着ていたので写真はなし。そのまま燃えるゴミに出すだけ。

という訳で最初の写真の通り、半分とまではいかないものの2/3位の在庫にはなった。ハンガーラック1つ、衣装ケース2個を処分。

さて、こいつらをただ捨てるだなんてあまりに勿体ないのでショップに買い取りして貰う事にする。出来ればアメカジやレプリカを分かっている店がいいなぁなんて思ってたけど、調べたらちゃんとあるのな。いくつかある中で「リアルクローズ」さんに買い取りを依頼。HPを見る限りだけど一番アメカジへの情熱を感じたので。(^^;) 申し込みをしたら送付用のダンボール箱やら伝票やらが届くので詰めて送るだけ、と簡単。
ぶっちゃけ店は全然儲かってないので少しでもお金が手に入ればというのも本音だが、こいつらがいい御主人の元へ貰われていくよう祈りたい、という気持ちもかなりあるな。おまいら元気でな・・・(T_T)
月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:50代独身。マッサージ屋を開業しています。誰に指図命令されるでもなく気楽にやってますが金はないです。(^^;)

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォン。

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png