40代の転職活動・10 まとめ

突然ですが再就職出来ました♪
連番をふっているのでお分かりと思いますが、公開していない日記が多々あります。内情に踏み込みすぎて「これはネットに晒したらマズいだろう」というエントリーが多々あるのです。まだまだブログの事は勉強不足ですので、パスワード付の公開とか、いずれはしてみようと思います・・・。



ブログのアクセス解析をみていると、たまに「40代 転職」なんてキーワードでGoogleから飛んでくる方もいる。(mixiはどの日記を見てるのかよくわからん) 何かのお役に立つ事もあるのではないかと、この一年弱の転職活動を総括なんかしてみちゃったりする事にした・・・(^^;)
勿論各人の経歴・キャリアによってこの法則は当てはまらない場合も多々あると思う。ただネットでえらそーに講釈たれている数多のサイトに対し、こっちは直近の実体験である事は強く主張しておきたい。

・『40代の転職活動は人材紹介会社を活用する』なんてあちこちで書いてあるが、登録したって仕事なんか世話してくれません。そういうのはもの凄い専門知識があるとか、ありえない業績を上げてきたとか、そういう特別な人の為にあるもののようである。試しに登録してみたっていいけど(タダだし)門前払い喰らったって落ち込む必要なし。私は5社応募して全て相手にされなかった。

・『転職サイトやハローワークのチェック』は基本ではあるが、実際効率は悪いので、ここで「仕事がない」ってヘコまない。あと「未経験歓迎」「中高年歓迎」の文字はあまり当てにしないほうがいい。ちなみに私は18戦17敗だ・・・(書類選考落ちって意味で)

・『自分のやってきた職種・業種の会社を片っ端っから検索して、直接問い合わせる』私にはこれが一番効果があった。転職サイトやハロワに求人は出していなくても、自社のHPで求人を出している企業はある。ちなみに3社応募して2社面接までいけた。

・『もともと人手不足かつ中高年の就業率が高い業界への転身』自分のいた業界が若者メインの職場で(私はモロそうだ) 自分のこれまでのキャリアと何かしら共通点を場を見出せれば上項と同じ位効果がある。具体的にその業界とは飲食・介護・運輸・清掃・警備といった分野だろう。ちなみに私はマッサージ⇒介護の道を選び、2社応募2社面接。

・『中高年の転職は友人・知人の紹介が重要』なんて話も多いが、そういう人はさっさと再就職出来ているだろうから、就職出来なくて苦しんでいる人には関係ないアドバイスだ。ちなみに私の父は仕事世話してやる気マンマンだったが、それで頭が上がらなくなるのは絶対嫌だったので、苦しくても最後まで拒否した(笑)

・『昔の取引先とかを当たってみる』という手も、私○○とではなく株式会社××の担当さんとお付き合いしていただけ、という現実を知るだけだったりする。やってみる価値はあると思うが。いや分かるよ、すっごく分かる。俺だって俺だからこそ出来た仕事だと思ってるし現実そうなんだから。でも向こうはそう思ってないんだよなぁ・・・。

以上偉そうにいろいろ語ってみたが、私だってこれで定年まで勤められる保障など全くない。以上のエントリーは未来の私自身に向けた教訓でもあるのだ。
最後に一言。○戦○敗なんて言葉をよく使ってきた。私も22連敗したし、100連敗なんて話も人づてに聞いた。だが我々は相撲取りではない。1勝するだけでいいのだ!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png