「Let's Note CF-R2」にLinuxをインストール・2 「Open Office」の導入

PV_37.jpgPuppy LinuxにはAbiwordというワープロソフト、Gnumericという表計算ソフトが最初から入っている。ワード・エクセルファイルとの互換性があると言っているが再現性は低く文字化けしちゃったり、レイアウトが崩れたり・・・。これじゃ仕事にならん! やはりここはOpen Officeをインストールするしかないようだ。

・最初にを下記サイトでOpen Officeのsfsファイルをダウンロード。http://www.ring.gr.jp/archives/linux/puppylinux/sfs_modules/
ついでにAdobeReaderも手に入れとく。

・ネットで調べながらいろいろ試す
「sfsファイルを設定ファイルと同じディレクトリに置く」
「sfsファイルは/mnt/home に置く」
「再起動後パピーブートマネージャーが立ち上がるので、Openofficeのsfsを追加」
「sfsファイルはクリックするとマウントされる」
などいろいろ書いてあるのだがどれもダメ、インストール出来ない・・・。

・手持ちのLinux雑誌に解決策があった。
SFS Installerというツールをインストールすれば良いのだ。http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=44765 
SFS Installerを起動してsfsパッケージを指定する。難なく終了♪

ざっと使った感想では再現性はGoogkeドキュメントよりはマシ、本家Officeにはやはり劣る(私の使っているのはOffice2000・OfficeXPという古いバージョンなのだがそれと比べても)といった感じだ。
こうして今までLinux熱が盛り上がって、いずれはデスクトップのメインPCもLinuxにとすら思っていたのだが、やっぱりWindowsとOfficeの完全代替は難しいのかもしれない。もうちょっと勉強してみよう・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png