Glee シーズン1.2

※2016/9/15 リンク切れ修正。加筆訂正。

もうTV放映もシーズン2に入っているし、話題としては今更な感じもするのだが、
ここ一年近くは仕事のグチを書き連ねるのが精一杯で、やっとこんなエントリーを書けるようになったのだ。

昔から洋物ドラマが好きだった。
古くは「大草原の小さな家」「サイボーグ大作戦(600万ドルの男)」「刑事コロンボ」
90年代では「ビバリーヒルズ高校白書」「ER」「ツインピークス」「X-ファイル」
00年代では「24」「ダークエンジェル」「アリーmyラブ」「CSI」
うわー、きりがない。(^^;)

そして今は (東京ではもっといろいろ放映しているのかもしらんが) 見ているのはGleeのみ。
Gleeの魅力は何といっても歌とパフォーマンスの数々。
それも私が大好きな70.80年代の洋楽や、ミュージカルの名曲がてんこ盛りなんだからもうたまらん!

○シーズン1 第1話 Journey - Don't stop believin
第一話ラストでいきなりこのパフォーマンス。元々Journeyファンの私も大満足。
一辺でGleeのファンになってしまった。一体何十回このビデオを見たかしれない。
Gleeを象徴する歌として今後何度もこの歌はリメイクされていくんだけど、レベルの高さでこの回を越えるものはないですね・・・。


○シーズン1 第5話 Heart - Alone
新規追加。当時は動画が見つからなかったが、Glee official にこれを見つけて超歓喜!!!
男女のデュエットというのが自分的には響いた。エイプリルはビッチであるけれど何か好きだ・・・(^^;)


○シーズン1 第12話 Van Halen - Jump
あの有名なイントロのシンセ・フレーズをコーラスで再現するというアレンジ。
これがまたいい! パフォーマンスもキュートだ。(寝具メーカーのCM撮影というシチュだったと思う)


○シーズン1 第19話 Billy Joel - Piano man
一話限りのゲストでもこの歌唱力。アメリカの層の厚さ恐るべし・・・。
サビのところ、ビールを飲むのかと思ったら、そのビール瓶をマイクに歌い始めるところがたまらなく好き(笑)


○シーズン1 第19話 Les Miserablesより - I Dreamed A Dream
これはスーザン・ボイルが紅白で歌ったから知らない人はいないであろう。
ハモリの魅力を伝えてくれるのもGleeの素晴らしい点である。


○シーズン2 第9話 エビータより - l Don't Cry For Me Argentina
どうしてもカート君のソロを貼りたかった(笑)
「ボクの為に泣かないで」と歌われても、ボク涙が止まりません・・・。


いやいや、もっといっぱい素晴らしいパフォーマンスがあるのだが、意外と動画が見つからない。
曲だけ聴いてもGleeの魅力は伝わらない。
でもやっぱりTVで訳詩のついた状態で鑑賞するのが一番であるなぁ。
いつかDVDを揃えたいものだ・・・。

PS. 歌だけでなくスー先生の毒舌を聞くのも実は大好き。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png