2013年参議院総選挙

e03e210a.png前回の都議会選挙は棄権してしまいました。当時体調も芳しくなく、投票日に30分早起きする気力すらなかった。しかし今回の参議院選挙は絶対行かねば・・・。Twitterやブログでつぶやいてるのも意思表示の一つだとは思うし、デモや集会に行くのもいいだろう。(私は仕事漬けでそんな時間はないが) でもまずは選挙でしょ。いつ行くの?今でしょ! (←すいません、一度言ってみたかっただけですm(_ _)m

さて、投票先を決めるに当たって私の過去の政治観の遍歴を振り返ってみよう、なんて思ってしまったのでここに羅列してみたい。

○前身
私は生まれてこの方45年間選挙に行ったことがなかった。そんなノンポリな私が政治のニュースを興味を持って見るようになったのは麻生政権の頃だったと思う。当時はリーマンショック真っ只中。定額給付金とか世間では評判悪かったけど世界的には高い評価を得ていたとか、実に画期的な実績なのにニュースでは殆ど報じられなかった日印安保共同宣言とか、麻生さんは実に素晴らしい仕事をしていたのに、マスコミは漢字の読み間違えとかホテルのバーで接待とかを叩きまくっていた。あの頃から新聞やTVを斜に見るようになった。当時の私は自民党支持、立ち位置は保守(右翼)であった。

○2010年参議院選挙 
2009年衆議院選挙で政権交代が起きた。「オイオイ、民主党なんかに政権渡すなよ~」と思っていたのにその通りになってしまった・・・。いや確かに事業仕分けとかは見てて痛快だったけど結局大して歳出削減出来なかった訳だし、普天間のグダグタぶりとか「ほれ見た事か」と内心思っていた。そしてこの選挙。生まれて初めての投票に行きましたさ!(^^;)
だが何故か自民党ではなくみんなの党に投票。増税の前にする事がある(議員・公務員削減や減給)というのが心に響いたんだろう、よく覚えてないけど(笑) 結果は自民含め野党の躍進(民主党敗退)

~過去ログ「2010・参議院選挙~今回は選挙に行きます」

○2011年東京都知事選挙
保守(右翼)である私は当然石原慎太郎都知事が好きだ(^^)ゝ だが何故か投票したのは共産党・小池晃氏。今こうして振り返ってみると、私の変節はこの当たりから始まっている。革新(左翼)は嫌いだが今の保守(右翼)にも賛同出来ない。圧勝するであろう石原都知事へ「釘を刺す」みたいな感覚。そもそも原発推進派という一点において信任は出来んわな・・・。結果は石原都知事の圧勝。_| ̄|○

~過去ログ「東京都知事選挙~期日前投票に行ってきました。」

○2012年衆議院選挙
国民の生活が第一、と言っていた民主党が消費税増税を決めた。民主党へ鉄槌を、という気持は世間的には最もだろう。だからといって自民党に投票するのか? この選挙の争点は実に明確だった。原発・TPP・増税だ。私の基本的スタンスは保守だ。(保守=日本はいい国だ。この国を守っていこう) 原発もTPPも日本を破壊するのは明白だ。自民党はちょっともう支持出来なかった。結局は日本未来の党に投票。結果は自民党の圧勝。あれっ?と思う程未来の党は伸びなかったなぁ・・・。

~当時のTwitter『不在者投票に行って来た。早番を終えて市役所まで自転車で往復1時間。寒かったよ~(笑) えっ?どこに投票したかって? もちろん「脱原発・反TPP・反増税」で「日本未来の党」一択である(ちなみに私は思想的には右翼です)』
 
○2013年参議院選挙 ←いまココ
マスコミは景気回復を叫んでいるが実感は出来ない。原発再稼動、TPP参加と私の望まぬ方向にまっしぐら。考えるに右翼・左翼、保守・革新なんて対立軸はそもそもないのではないか? 親中親韓と親米があるだけだ。本当の保守なら反中反韓・反米になるべきではなかろうか。そう考えると今の日本に真の保守政党は存在しない。実に嘆かわしいが、後は政策で判断するしかない。

で、結論だが私は山本太郎氏と共産党に入れるつもりだ。特にリンクは貼らないが、ぜひYouTubeで山本太郎と検索して政見放送や街頭演説を見て欲しい。感動モノです。「この人に国会に行って欲しい」「この人を応援したい」と思ったのは多分生まれて初めてだ。また共産党に入れるのは前回の都議選の結果に近くなればいいと考えているからだ。自公圧勝は避けられないだろうが、野党に力をつけて貰って邪魔して欲しい。他の政党ではおそらく死に票になるだろう。もう一度言うが私の立ち位置は保守だからな。それでも共産党に入れる!って事を保守を「自称」している政党は猛省して貰いたいもんだ・・・。

○「誰に投票したらいいか分からねーよ」という人に当エントリーが何かの参考になればと切に思う。また「投票なんて行ったって意味ねーよ」と思っている貴兄に次の3つの名セリフを送りたい。

「自分の未来は自分で決めたい。他人に指図されたくはない。その為に殺されたって後悔はしないぞ!」(星野鉄郎~銀河鉄道999より)
「私達は脅しには屈伏しない。私達は誇りを持った人間だ。無礼は決して許さない。そのような侮辱には手厳しく報復する!」(真幻魔大戦より)
「例え自分が蟷螂の斧(とうろうのおの~大型の動物にとっては取るに足らないカマキリの斧)にしか過ぎないと判っていても、我々は断固として戦う種族だという事は相手に伝わる。それが我々の子供達の為になると信じて、子供達が侮れない種族として生きる事が出来ると信じて、私は行く。」(銀河鉄道999より)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png