私の考える、聞いてて感動するプロレス入場曲10選

ついこないだまでブログ界隈で「~な10選」というのが流行っていたようで(大概は映画の紹介だった)私もあやかって「アニソン10選」なんてエントリーを書いたりした。今はもう廃れちゃったみたいだけどまだやってます。(苦笑)
いや、きっかけは夜寝付けなくてYouTubeをうろうろしていたら、この手の動画に当たってしまい、関連動画をクリックまたクリックして気持が盛り上がってしまった訳でして。いやいや・・・。
 
第1位:ミル・マスカラス~スカイ・ハイ(by Jigsaw)
この評価に異論を唱える者がはたしているであろうか? プロレスの入場シーンがドラマになり、イベントになったのはこれがが最初であるのは間違いないと思う。イントロの段々盛り上がってくるオーストレーションは実に素晴らしいの一言。ちなみにベスト・オブ・ザ・スーパージュニアのテーマ曲にもなっているが、あんなダンス・チューンは論外。原曲に限る。


第2位:高田延彦~Training Montage(RockyIV Soundtrack)
壮厳に、そしてじわじわと盛り上がっていくメロディ。これが「見た目は静かだけど、心の奥の方で熱く闘志を燃やしている」そんな感じがして実に燃える。いや本当この曲はいい・・・。実は原曲聞くとパーカッションが結構ウザくてイラっとくる。会場で流れている方がいい感じです。(←プロレスのテーマ曲は大抵そう。CD買って聞くものではないと私は思っている。)


第3位:ジャンボ鶴田~Jのテーマ(by 鈴木宏昌)
プロレスのテーマ曲と言えば、大概勇ましい感じのエレキギターやブラスセクションがメインのアレンジになるものだ。この曲もそうなんだが、何だろう・・・聞いててとっても切ない気分になるのだ。たぶんキーとかコードとか、そういう理由だと思うのだが、音楽の詳しい知識は私にはないので、誰か分かる人がいたら教えて欲しい・・・。とにかく好きなんだ。


第4位:G1クライマックスのテーマ~Wark on(by Boston)
これはプロレスラーのテーマ曲ではないが、是非とも取り上げて置きたい。とにかくヘビーに、そして劇的に盛り上げるすさまじい楽曲である。実は演奏しているBostonというバンドの大ファンです。ちなみに新日本プロレス中継のOP曲「The score(by E.L&P)」も大好きで、新日の音楽担当さんとは親友になれると昔から思っているのだ、密かに・・・。


第5位:アントニオ・猪木~炎のファイター(by Mandrill)
キタ━━(゚∀゚)━━!!! いや、曲が好きかと問われればそれ程でもありません、ぶっちゃけ・・・。でもDNAレベルで勝手に反応してしまうのです。ところで子供の頃、冒頭の「イノキ! ボンバィエ!」を「イノキ! ガンバレ!」だと思っていたのは、ひょっとして俺だけ? (^^;)


第6位:ジェロム・レ・バンナ~おお、運命の女神よ(by Orff)
いつか誰かがやるだろうと思っていたクラシック。実に暗く、実に重々しくていい。(^^;) K-1はピーター・アーツの「パルプ・フィクション」アンディ・フグの「We Will Rock you」ミルコ・クロコップの「Wild Boys」等、キャラが立った曲が多くていいが、インパクトなら断然これだ。


第7位:スタイナー・ブラザーズ~スタイナー・ブラザーズのテーマ
このアメリカン・ロックな感じが好き。それも、例えばザ・ファンクスの「スピニング・トーホールド」が南部・テキサスをイメージさせるような泥臭い感じがするのに比べ、80'Sのヘビメタ・産業ロックを通過してきた感じのド派手なアレンジが良いのだ。


第8位:秋山成勲~Time to Say Goodbye(by Sarah Brightman)
サラ・ブライトマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」うっとりして涙すら出てくる感動のラブ・バラードを格闘技の入場曲に??? でもこれが意外や意外、いいんである。名曲はどんなシチュエーションでも名曲たり得るのか・・・。断っておきますが、純粋に入場曲のとしての評価であって挌闘家の評価はここでは一切考慮しません。(^^;)


第9位:蝶野正洋~Crash(by Royal Hunt)
ヒール(悪役)のテーマといえば、A・ブッチャーの「吹けよ風、呼べよ嵐(by PinkFloyd)」のようなおどろおどろしい感じの曲が元祖で、S・ハンセン、B・ブロディが勇ましい曲に変えて行った、という流れがあるが、この曲は「黒い」尚且つ「スタイリッシュ」という点で、評価に値する。かっちょいい。


第10位:ボブ・サップ~ツァラトゥストラはかく語りき(by Richard Strauss)
映画:2001年宇宙の旅で有名なこの曲。こんなとてつもなく壮大な楽曲を自分のテーマ曲にしようなんて、そんな大それた事考えるバカはいないと思っていたが、世界に一人だけいました。そいつの名はボブ・サ~ップ!!! (爆笑)
※2:30辺りから


おまけ:ロッキーのテーマ(by Bill Conti)
このエントリーを書いていて気付いてしまった。原点はここにあるのだと・・・。うだつの上がらない主人公。うらぶれた人間模様。それを振り切って昇華していくような勇ましく、それでいて悲しみに満ちたメロディ。そう言えばこの曲をテーマ曲にしていたレスラーいたなぁ。曲に完全に負けてたけど。(^^;)


しかし、プロレスの入場曲の流れや歴史を全く踏まえない、えらく片寄ったランキングだなぁ。まぁいいか。人の評価を気にしない、自分の言いたいことを言う、というのがブログなのだと規程しているのだから・・・。
22:
原田くんくらいしか…
23:Re: avocado
違うな・・・。
Fasebookでは4人いいね! してくれている。

男は基本的にプロレス(格闘技)が好きなはずだぁぁぁっ!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png