男はつらいよ 全48作制覇!

otokowa1.jpgotokowa2.jpgotokowa3.jpg
去年の秋頃から映画「男はつらいよ」シリーズが毎週土曜に放映されていて、ずぅ~っと見続けてきました。先日めでたく終了。全48作コンプリートしました。(正確には次の土曜「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」の放送があるが、これは過去のリメイクなのでここには含めない。) もう殆ど一年がかり・・・。ありがとう、BSジャパン! ありがとう! !
若い頃はアニメか洋モノ志向で、日本映画はあまり見なかったけど、男はつらいよや釣りバカ日誌なんかを楽しく見れるようになったのは私がオッサンになったからか。そこでまぁ、今まで感じた事をつらつらと書き記しておこうと思う。(生粋の寅さんファンから怒られてしまうかもしれん・・・)

○48作のうちオススメは?
ズバ~リ!初期の10作品です。
※理由
1.旅先の鉄道のシーンが蒸気機関車である。(^^;)
2.さくら(倍賞千恵子)が若くてメチャかわいい♪ マドンナなんて目じゃない!
3.おいちゃんは初代・森川信に限る。(正確には8作まで出演)「バカだね~寅は」の決めゼリフがいい。「あー頭痛くなってきた。俺寝るわ。おい、まくら、さくら取ってくれ。あ、違った。」のプチギャグもあり。

○リリー三部作
男はつらいよシリーズの傑作といえば必ず名前の上がるリリー三部作。
・第11作「寅次郎忘れな草」
・第15作「寅次郎相合い傘」
・第25作「寅次郎ハイビスカスの花」
だが私が思うにこれは中級者向けである。寅さんがマドンナに一方的に熱を上げ、あっけなく振られる、という男はつらいよの黄金パターンを何度か見てからトライして頂きたい。第11作はまぁまぁだが(山田洋次監督自身、リリーを描き切れなかったと告白している)第15作、第25作は本当に素晴らしい。(実は第48作にもリリーは出演するのだが、四部作とはあまり言わないようだ。でも内容うんぬんは置いといて、リリーが画面に出ただけで涙出た。)

『リリーは寅さんファンの夢である・・・。』

○上級者向け
先に述べた通り、寅さんがマドンナに振られるのはお約束なのだが、実はマドンナに本気で惚れられる回というのが意外とある。私の記憶が正しければ、
・第10作「寅次郎夢枕(マドンナ:八千草薫)」
・第28作「寅次郎紙風船(マドンナ:音無美紀子)」
・第29作「あじさいの恋(マドンナ:いしだあゆみ)」
・第32作「口笛を吹く寅次郎(マドンナ:竹下景子)」
の4作品。マドンナから好意を示された時、寅さんたらいつも急に逃げ腰になってしまうんである。これがまた私なんかは「わかるなぁ・・・」と共感してしまうのだが、他の男性はどうなのだろうか?「ありえねー」とか思うのだろうか?
特にいいのは第29作である。いしだあゆみさんのしっとりとした演技が実にいい。

○見てはいけない作品
悪口書くのは如何なものかと迷ったが、思い切って言ってしまおう。

・ワースト1・第37作「幸福の青い鳥」(マドンナ:志穂美悦子 ゲスト:長渕剛)
過去若き日の中村雅俊、沢田研二等々の若手俳優がゲスト出演する回はあった。皆ウブでシャイな役柄で恋の達人(?)寅さんにご指導賜るという役回り。長渕剛もその流れなんだが、何ていうか空気が違うというか世界観が合ってないというか実に違和感がある。長渕剛や志穂美悦子の演技がダメと言っているのではない。とにかくノーである。だいたいマドンナをベッドに押し倒すなっ! (^^;)

・第42作以降
この頃渥美清さんの体調がすぐれないのはよく分かっていて正直心が痛いのだが、全く覇気のない演技は寂しい限りである。またそれもあって満男(吉岡秀隆)の出番が増えて半々位の構成になっていくのたがこれもいけない。いや吉岡君の演技は実にいいし世界観もマッチしているのだが、何というか生々しいのである。
例えば冒頭に満男・さくら・博の家族喧嘩のシーンがよくあるのだが「今年も浪人したらどうすんだ?」「まだ就職先決まらないのか?」という感じで、つまりリアルすぎて萎えるんである。そう考えると寅さんってケンカのシーン一つ取ってもファンタジーなんだなぁ、と一人納得する次第。徳永英明の挿入歌も何だかなぁ・・・。

※寅さんシリーズ一挙放映の後は若大将シリーズ一挙放映らしい。これはいいや。(笑)
24:
面白く読ませていただきました^^
25:Re: avocado
ありがとう♪
27:
これYちゃんも絶賛してた!^^
29:Re: avocado
嬉しいっス!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png