Optimus it(L-05E)のROOT化

l-05e.jpg先日スマホのROOT化に挑んで、操作ミスってスマホを起動不能(文鎮化)にさせてしまった。そんな私にモノ言う資格はないとも思うが、実はROOT化は成功していて、強制APN解除のそれも最後の方の過程でミスしたという事なので、そこまでは語っていいのかなと。それに元々記事にしようと思って操作の過程を細かく記録していたので、これを破棄するのはもったいないなと。(^^;) そういう訳で当エントリーをUPしまする。

ROOT化に関してここを見ればOK、みたいなサイトは見つけられず、またコマンド操作等は知ってて当然のレベルで書いてあるのでいちいち言葉を調べたりとか(^^;) なかなか敷居が高い。それでもあちこちからお知恵を拝借し以下私なりにまとめてみた。ここでは何をやっているかの解説は極力控え、手順のみ淡々と列記する。使えるようになれば良し。
Optimus it(L-05E)(ビルド番号:JDQ39 ソフトウェアバージョン:L05E10e)前提の記事だが、他の機種でも役立つ事かと。尚、当方PCはubuntu12.04環境。
※主な参考先 「2ch docomo Optimus it L-05E Part3」 ~535:の書き込みから  

◯STAGE.1 アプリ or PC操作
GALAXYとかXPERIAとかメジャーなスマホならアプリを入れてROOT化する手がある。該当する人はラッキーかも。
「Android root化 wiki - root化アプリ」
対応していないスマホの場合、PCにソフトを色々入れて、USBで繋いだ端末をPCから操作してROOT化する。以下はこちらの対応。

◯STAGE.2 事前調査・端末側の準備
1. まずはスマホがROOT化できるのか、OSver・ビルド番号を確認。
  「Android root化 wiki - Android端末root化対応表」 
  ※私の場合ソフトウェア・アップデートしないとROOT化出来ない状態だった。
2. 上記ページで、ROOTKITと書いてある列にzipファイルへのリンクがあったらPCに落としておく。
  なかったら自分でビルドするしかないって事みたいですな。
  →「kernel & Custom ROM フォーラム - L-04E(docomo Optimus G Pro)CM化」 ~4つ目の記事から 
3. スマホでUSBデバックをオンにする。USB接続モードをMTPに設定する。
  「docomo版Xperia MVNO/moperaテザリング有効化1クリックツール(非root)」
  ※ちなみにこちらの1クリックツール使ってみたけどダメでした・・・。

◯STAGE.3 PCの準備
1. JDK(Java Development Kit)のインストール
  私はubuntu環境の為、ソフトウェアセンターから「openjdk」と検索して「OpenJDK Java 7 ランタイム」をインストール。
2. AndroidSDKのインストール。ページ下の方にあるSDK Tools Onlyでよし。
  「Download Android Studio and SDK Tools |
3. ubuntu環境では標準ドライバのvendor id, product idの設定値を正しく書き換える。
  Windows環境ではADB用デバイスドライバのインストール。
  「ubuntu、Windowsでadbを利用可能にする方法」

◯STAGE.4 ROOT化
スマホとPCをUSBで繋ぎ、ubuntuの端末ソフトを起動して以下のコマンドを打っていく。(Windowsでどうすればいいのかは知らんがな。(^^;)
--------------------------------------------------
adb devices
adb push /◯/device.db /data/local/tmp
adb push /◯/install_backdoor /data/local/tmp
adb push /◯/disable_ccsecurity /data/local/tmp
adb push /◯/run_root_shell /data/local/tmp
adb push /◯/busybox /data/local/tmp
adb push /◯/su /data/local/tmp
adb push /◯/backdoor_mmap.sh /data/local/tmp
  ※「◯」のところは先の2-2.で落としたファイルのフルパスを記入。
  (例:adb push /home/taro/ダウンロード/L05E10e_1clickroot/device.db /data/local/tmp)
  このフルパス打つ、というのに最初気付かなくて、数時間立ち往生。アホや。(^^;)
  行きずまった時は買い物とか別の事をするとひらめくものだ・・・。
adb shell
  ※私の場合ここででエラーが出てしまったが、「sudo apt-get install android-tools-adb」で解決。

cd /data/local/tmp
chmod 644 device.db
chmod 755 install_backdoor
chmod 755 disable_ccsecurity
chmod 755 run_root_shell
chmod 755 busyboxapktool d framework-res.apk
chmod 755 su
chmod 755 backdoor_mmap.sh
./install_backdoor
./disable_ccsecurity
./run_root_shell
  ※プロンプトが$→#に変われば、一時root化成功。

/data/local/tmp/busybox mount -o rw,remount /system
/data/local/tmp/busybox cp /data/local/tmp/busybox /system/xbin/
/data/local/tmp/busybox chmod +x /system/xbin/busybox
busybox cp /data/local/tmp/su /system/xbin/
busybox chown 0:0 /system/xbin/su
busybox chmod 6755 /system/xbin/su
cd /system/etc
ln -s /data/local/tmp/backdoor_mmap.sh install-recovery.sh
mount -o ro,remount /system
--------------------------------------------------



晴れてROOTを取れたので、APNの強制変更を解除するターンに移る。
・一般には「/system/etc/customization/settings/com/android/settings/custom_settings.xml」を書き変えればいいらしい。
  「XPERIA GX / SXをroot化し、テザリング時の「APN強制変更」を無効化する方法。」
  「MVNOでのテザリングに必須。強制APN変更をやめさせる設定。」
・L-05Eには上記xmlファイルが見当たらない。同じDOCOMOの同じAndroidでも機種によって違うようだ。
調べていくと、「/system/framework/framework-res.apk」を書き変えるらしい。apkというのはいわゆるZIPのような圧縮ファイルなので、展開→一部ファイルを書き変え→再圧縮、のような手順を踏まねばならない。apkを扱うソフトが必要。

◯STAGE.5 PCで「APKtool」の準備
1. APKtoolのダウンロード
  「Apktool - A tool for reverse engineering Android apk files」
・「Installation for Apktool 2.x」の「Linux」で
・「1.」の「wrapper script」を右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」(ここでは保存先はhome/ダウンロード)
・「2.」の「find newest here」をクリック。「apktool_2.0.0rc3.jar」を保存。
2. 「apktool_2.0.0rc3.jar」を「apktool.jar」に名前の変更
3. 以下ubuntuの端末ソフトで以下のコマンドを打つ。
--------------------------------------------------
sudo cp /home/taro/ダウンロード/ROOT化/apktool /usr/local/bin   
   ※「home/ダウンロード」直下に「ROOT化」という作業用フォルダ作ってまとめている。taroは適宜変更
sudo cp -r /home/taro/ダウンロード/ROOT化/apktool.jar /usr/local/bin
   ※taroは適宜変更
cd /usr/local/bin
sudo chmod +x apktool
sudo chmod +x apktool.jar
--------------------------------------------------

○STAGE.6 「framework-res.apk」の抽出・書き変え・上書き
再びubuntuの端末ソフトで以下のコマンドを連打。
--------------------------------------------------
cd /home/taro/
   ※taroは適宜変更
adb pull /system/framework/framework-res.apk .
sudo mv framework-res.apk /usr/local/bin
cd /usr/local/bin
sudo apktool d framework-res.apk
grep -rn dcmtrg framework-res/*
   ※/framework-res/res/values-mcc440-mnc010にstrings.xmlファイルあり。
cd /usr/local/bin/framework-res/res/values-mcc440-mnc010
sudo rm strings.xml
   ※「strings.xml」をまるごと削除していいのか、該当行だけ編集してファイルは残すのか、は検証出来ていません。

sudo apktool b framework-res
cd /usr/local/bin/framework-res/build/apk/
sudo cp resources.arsc /usr/local/bin/
cd /usr/local/bin/
sudo apt-get install p7zip-full
sudo 7za u -mx0 -tzip framework-res.apk resources.arsc
   ※「Everything is Ok」と出でれば成功。

adb push /data/local/tmp/
adb shell
cd /data/local/tmp
./install_backdoor
./disable_ccsecurity
./run_root_shell
   ※プロンプトが$→#に変わればOK。
mount -o rw,remout /system
cd /system/framework
--------------------------------------------------

しくじってまったのはここから。
現在端末上にある「/system/framework/framework-res.apk」を「framework-res.apk.org」に名前を変更し、自分で作った「framework-res.apk」をコピーするのだが、名前を変更してから新しいファイルをコピーするまでに手間取ってしまい、その間に端末の電源が落ちたのだ。もう電源入れてもOS起動出来ず。お手上げ・・・。おそらくPC経由でAndroid OSを再インストールすればいいのだろうが、完全に私の分を越えている。無理です。ギブアップします。 _| ̄|○

ちなみに残りの作業を書いておこう。
・コピーしたframework-resの所有者をroot:rootに、モードを644に変更。
・L-05E再起動
そう! あとたったこれだけだったのだ!!!

重ね重ね悔しくてならない・・・・・・。
34:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
35:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
36:Re: No title
うわぁ、すみません! ブログ放ったらかしでコメント気づいてなかったです。

「どうやりましたか」と問われても、もうそのままです。「sudo apt-get install android-tools-adb」とコマンド打ったら勝手にインストールされたと。スミマセン、私にも原因分かりません・・・。


> ※私の場合ここででエラーが出てしまったが、「sudo apt-get install android-tools-adb」で解決。
> ってどうやりましたか
> 自分ではよくできないです
39:Re: Re: Re: No title
いえ、結局は失敗した身だし自信もないので、それは辞退させて頂きます。

お役に立てなくて申し訳ありません・・・M(_ _)m


> 自分ではどうやってやるのか分かりません
> よければやっていただけませんか
> Okなら○○に電話してください
> お金は払います

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ヘローン

管理人:ヘローン
・性別:男性
・血液型:A型
・生年月日:1964年
・自己紹介:マッサージ屋の店長してます。50代独身。仕事に追われるばかりで、今はアパートに帰ってビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみ。

趣味:映画鑑賞、アニメ鑑賞、プロレス鑑賞、洋楽カラオケとエアギター、ガンプラと鉄道模型、PCとスマートフォンいぢり

好きな作家:松本零士、平井和正、押井守

好きな音楽:産業ロック、プログレ、70'80'ポップス全般

聖地:新横浜ラーメン博物館

好きな服装:古き良きアメリカン・カジュアル

好きな言葉:男には酒こそ最高のなぐさめ

○ニックネーム「ヘローン」は
松本零士大先生「銀河鉄道999」の「夜のない街」より拝借
heroon.blog57.fc2.com/blog-entry-131.html

○写真は押井守大先生の「うる星やつら」の「メガネ」
の画像を勝手に拝借。
あの無意味に大仰なセリフ回しをこよなく愛しています・・・。

twitter.png